2018年 新春号
建築家の自邸も、リノベーションEven architects renovate their homes

住宅のストックが5,000万戸を超えるといわれ、人口も減少している日本では、建築家の仕事として改修が増え、注目されつづけている。そのようななか、建築家の自邸も、リノベーションによるものが散見されるようになってきた。建築家にとって自邸は、自身の建築思想を色濃く反映させることができるチャンスであり、時には代表作として建築史上に残る名作にもなる。その自邸も、新築ではなく、リノベーション作品に。まさに現代らしい、ひとつの潮流なのではないか。

表紙写真/「Gray」の壁面。
表紙撮影/傍島利浩

2018年1月1日発行

特集

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#1‑工場のスケールを人間のスケールへ

    作品/「白金の家」
    設計/團野浩太郎+團野沙知子

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#2‑寝室は徒歩3分

    作品/「はなれのはなれ」
    設計/井原正揮+井原佳代

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#3‑ラフなものこそ、ラグジュアリー

    作品/「Gray」
    設計/浅子佳英

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#4‑マンションの最上階に、天空の平屋

    作品/「杉並の家」
    設計/永山祐子

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#5‑鉄のフローリングに住む建築家

    作品/「広島の家」
    設計/谷尻 誠

  • 建築家の自邸も、リノベーション‑ CaseStudy#6‑築40年が、まるで新築

    作品/「YS BLD.」
    設計/青木 茂

旅のバスルーム

  • 南アフリカ・ケープタウン
    マウント・ネルソン

    バスルームも明るく広く優雅そのもの

現代住宅併走

  • 和でも洋でもなく幾何学

    八木邸
    設計/藤井厚二

最新水まわり物語

  • 商空間と一緒になったトイレデザイン

    GINZA SIX

地域に生きる会社

  • 本や勉強会を通じて、納得を得る家づくり

    マツミハウジング 代表取締役 松井祐三さん

展覧会 TOTOギャラリー・間

  • 2018年 新春号 展覧会 TOTOギャラリー・間サムネイル画像

    en[縁]:
    アート・オブ・ネクサス

    会期/2018年1月24日(水)~3月18日(日)