最新水まわり物語

2階商業ゾーン。「ストリーム・ライン」の通路沿いに顔を出すように店舗が並んでいる。写真/川辺明伸

2019年 春号渋谷の駅前再開発で
新たな人の流れができた

渋谷ストリーム

渋谷川から見た外観。写真/川辺明伸
渋谷ストリーム 写真提供/渋谷ストリーム

 複数の大規模開発が同時進行中の東京・渋谷駅周辺において、2018年9月、「渋谷ストリーム」がオープンした。
 同施設は旧東急東横線渋谷駅とその線路跡地などに立つ商業、ホール、ホテル、オフィスからなる地上35階建ての大規模複合施設。これまで首都高速や国道246号線によって分断されていたエリアを駅周辺とつなぐべく、施設内の2階に旧駅舎や線路の記憶を残した半屋外の貫通通路「ストリーム・ライン」を設ける一方、駅に直結する地下2階から商業ゾーンの2階までがつながる縦動線「アーバン・コア」を設けた。また、敷地の前を流れる渋谷川を水辺空間として整備する事業も官民連携で行われた。広い意味で、まさに渋谷に新たな「ストリーム(流れ)」を生み出したといえるだろう。
 本プロジェクトのデザインアーキテクツは小嶋一浩さんと赤松佳珠子さん率いるCAt(シーラカンスアンドアソシエイツ)、設計を東急設計コンサルタントが担当。渋谷の路地をイメージし、超高層の圧迫感を軽減したランダムなアルミパネル張りの外観や、縦動線を際立たせたストリーム・イエローのエスカレータのデザインは、16年に急逝した小嶋さんの発案だという。

2階の吹抜け空間「ポーラス」。通称ストリーム・イエローのエスカレータ。床には東急線の古レールを敷いている。写真/川辺明伸

クリエイティブワーカーがターゲット

 1~3階の商業ゾーンには約30店の飲食店やカフェが入る。事業主である東京急行電鉄の横田憲介さんによれば、メインターゲットは「クリエイティブワーカー」。女性客がメインの「渋谷ヒカリエ」などと比べると、溶融亜鉛メッキ鋼板やコンクリートといった工業材料の素材感を生かした内装や、随所にあけた「ポーラス」と呼ばれる孔によって街とダイレクトにつながった開放的な造りが特徴的だ。設計を手がけた東急設計コンサルタントの山口昭彦さんは「路地をつくって、店舗にもそこに自由に顔を出してもらおうと考えました」と振り返る。
 トイレは2階に2カ所、3階に1カ所あり、今回取材したのは飲食店がまとまった3階のトイレ。
 3階全体の共用部の内装は「インダストリアルな空気感を残しつつも、貫通通路があって人の往来が多い2階よりは静的で落ち着いた空間にしたいと考え、メインストリートから徐々に路地裏に入っていくような『隠れ家』を思わせる空間にしました」と山口さん。
 実際に見学すると、壁に無造作に立てかけたように演出したパウダーコーナーの鏡、ランダムに配した天井照明、型板ガラスのようなレトロな素材を用いた男子トイレの間仕切りなど、全体の内装イメージと連動した落ち着きやレトロな雰囲気が感じられる。また、洗面コーナーやブースの側面に荷物がかけられるフックを個別に設けたり、赤ちゃん連れの母親だけでなく父親もおむつ交換ができるよう、男子トイレにもベビーシートを備えたブースを設けるなど、細かな配慮も怠りない。

商業 3F 男子トイレ<br>洗面コーナーとドレッシングコーナー。間仕切りや照明でインダストリアルな雰囲気を演出。写真/川辺明伸
商業 3F 男子トイレ<br>広めのブース。ベビーシート、ベビーチェア、フィッティングボードを完備し、子ども連れに配慮。写真/川辺明伸
商業 3F 多機能トイレ<br>広々とした多機能トイレ。男女トイレより、さらに店舗へと近い場所に位置している。写真/川辺明伸
商業 3F 女子トイレ<br>洗面コーナーとパウダーコーナー。奥のブースコーナーまでランダムに照明を配している。写真/川辺明伸

東急東横線の旧渋谷駅を模したオフィスロビー

 次に、オフィスフロア。オフィスは5階にロビーがあり、ホテルを挟んで14階から上が基準階という構成。ロビーのデザインはコンペで選ばれたという、谷尻誠さんと吉田愛さん率いるサポーズデザインオフィスによるもの。三方に開口部のある無柱の大空間に、あたかも旧東急東横線渋谷駅のカマボコ屋根がソフィスティケートされたかのような、金属格子のヴォールト天井がふわりとかかったインテリアは、いかにも東急電鉄が手がけるオフィスの顔にふさわしい。
「オフィスのロビーというよりは、かつての東横線渋谷駅の構内を抽象化して、できるだけ駅っぽくつくることを目指しました」と話すのは、サポーズデザインオフィスの濵谷明博さん。同社の荘司麻人さんも「いろいろな人があのロビーで行き交うような『ステーションホール』をイメージしました」と語る。
「サポーズデザインオフィスは2階の貫通通路や鉄道の記憶といった事業コンセプトを深く理解し、ストーリーのある、しっかりした提案をしてくれたので、その後、基準階について東急設計コンサルタントと設計を煮つめていくうえでも、全員の共通理解が得やすかったです」とは東急電鉄の横田さんの弁。
 ロビーの脇にあるトイレもサポーズデザインオフィスの設計で、シンプルなベッセル式洗面器に真鍮のミラーを組み合わせたパウダーコーナーなど、ホテルのトイレと見まがう上質さが感じられる。濵谷さんによれば、ロビー全体のデザインコンセプトのひとつが「ラフ・ラグジュアリー」で、粗い仕上げの床といったラフな空間をベースにしながらも、奧へ進むにつれて落ち着きや高級感が感じられる空間づくりを意識したそうだ。
 一方、オフィス基準階のトイレは、黒を基調にした共用部のデザインを踏襲し、黒い空間の中に白い設備機器が浮かび上あがる、シンプルでモノトーンな空間。男子トイレの洗面・小便器コーナーの壁面は、外装のランダムラインを模したデザインで雰囲気を変えている。
 ちなみに、大便器ブースは使用していない場合、扉が15度開いた状態で止まる仕様。これは便器が丸見えになるのを避け、なおかつ手前から見た際にあいているブースがひとめでわかるように配慮したもの。最初に基準階がこの仕様で決定したため、商業ゾーンなど、ほかのトイレも同じ考えで統一したという。

オフィス 5F ロビー内観<br>オフィスロビー。サポーズデザインオフィスが内装設計を担当。ヴォールト天井で旧東横線渋谷駅の駅舎を表現。写真/川辺明伸
オフィス 5F ロビートイレ<br>ロビートイレの洗面コーナー。コンセプトは「ラフ・ラグジュアリー」。ミラーまわりは真鍮。写真/川辺明伸
オフィス 24F 男子トイレ<br>ブース。荷物を置きやすいように、便器背後に奥行きが深いスペースを設けている。写真/川辺明伸
オフィス 24F 男子トイレ<br>右手の小便器コーナーと奥の洗面コーナーの壁面は、外装を模したランダムなデザイン。写真/川辺明伸
オフィス 24F オフィス共用部<br>エレベータホール。黒が基調のオフィス共用部のデザインが、トイレ空間にも踏襲されている。写真提供/渋谷ストリーム
オフィス 24F 多機能トイレ<br>女子トイレ脇に多機能トイレを設置。男女トイレと同様にモノトーンな空間に仕上げている。写真/川辺明伸
オフィス 24F 女子トイレ<br>洗面コーナー。奥のパウダーコーナーの壁面はタイル貼り。鏡まわりは間接照明で明るい。写真/川辺明伸

ライブハウスにもビジネス利用にも
調和するトイレ

 最後に、別棟の5階にあるホールのトイレを見学した。横田さんによれば、東急電鉄では渋谷エリアの開発において「エンタテイメントシティ」というコンセプトを掲げていることもあり、ホールはその象徴的な用途のひとつだ。山口さんいわく、「このホールはライブなどエンターテインメント利用がおもに見込まれますが、展示会やセミナーといったビジネスユースも想定して検討を進めました」。デザインの検討では、エンターテインメント施設として、高揚感を醸成することをねらい、モノトーンで光沢のある素材を組み合わせて渋谷ストリーム独自の空間を目指したとのこと。
 また、ライブやセミナーなどでは休憩時間にトイレ使用が集中するため、トイレに出る人と入る人、洗面コーナーを利用する人などが交錯しないよう、動線計画には気を配ったという。確かに、出入口付近や通路にはゆったりとした余裕が感じられる。
 トイレの個数については、オフィスの基準階もホールも、空気調和・衛生工学会の基準のなかでも最も高い「レベル1」よりさらに1個多く設けている。商業ゾーンも「レベル1」の個数を備えることで、快適性に配慮している。今後、渋谷では新しい施設が続々とオープンする予定だが、先陣を切った渋谷ヒカリエや今回の渋谷ストリームが呼び水となって、ますます洗練されたトイレ空間が増えることを期待したい。

ホール 5F 女子トイレ<br>洗面コーナー。洗面器の下には荷物をかけるためのフックを設置。写真/川辺明伸
ホール 5F 女子トイレ<br>ブースコーナー。未使用ブースの扉は15度に開く。中が丸見えにならない工夫。写真/川辺明伸
ホール 5F 多機能トイレ<br>コンパクトだがベビーシートやベビーチェアを設置し、子ども連れに対応。写真/川辺明伸
ホール 5F 男子トイレ<br>小便器コーナーとブースコーナー。混雑緩和のため、通路幅を広く設計。写真/川辺明伸
ホール 5F ホールロビー<br>4階ホールロビー。手前のエスカレータは商業フロアにつながる。写真/川辺明伸
ホール 5F ホール内観<br>多目的に利用できるホール。スタンディング形式の場合は700人を収容。写真提供/渋谷ストリーム
  • 横田憲介氏の写真

    横田憲介Yokota Kensuke

    東京急行電鉄
    都市創造本部
    渋谷戦略事業部
    開発二部
    施設計画課
    主事

  • 山口昭彦氏の画像

    山口昭彦Yamaguchi Akihiko

    東急設計
    コンサルタント
    建築設計本部
    第4設計室
    チーフマネジャー

  • 濵谷明博氏の画像

    濵谷明博Hamatani Akihiro

    SUPPOSE
    DESIGN OFFICE
    チーフディレクター

  • 荘司麻人氏の画像

    荘司麻人Shoji Asato

    SUPPOSE
    DESIGN OFFICE