展覧会
TOTOギャラリー・間

Taipei Complex ©Yukikazu Ito

2018年 春号平田晃久展
「Discovering New Akihisa HIRATA」会期/2018年5月24日(木)~7月15日(日)

平田晃久氏は、建築を「生成する生命活動の一部」ととらえ、植物・生物・気象現象などの有機活動をつかさどる摂理を建築に取り込むことで、建築の本来のあり方を模索してきました。
「建築とは〈からまりしろ〉をつくることである」というコンセプトは、建築が一個体としての役割を超えて、生きている世界の一部となる可能性を見出すものです。本展では、平田氏の現在の建築活動を紹介します。

太田市美術館・図書館 ©Daichi Ano
Tree-ness House ©Vincent Hecht

Discovering New

 私たちの建築は、建築やその背後にある人間の営みを、広義の生命活動としてとらえ直すところから始まる。そのとき、公共建築すら、多様な人々を異なる「生物種」と読み替えたある種の「生態系」となるだろう。
 そのためには、手がかりとなるなんらかの考え方、生命の営みと建築をつなぐ新しいラインを見つけなければならない。この展覧会では、そのような思考のラインとその交錯を、模型を含むさまざまな事物の立体的配列で体験的、博物学的に示す。
 新しいことは、生命の本質にある何かである。生きていることとは、変化しつづけることだからだ。生命力は、つねに更新されるものにこそ、宿るだろう。
 とはいえ、ここでいう新しさとは、過去と断絶した完全な見知らなさ、ではない。むしろ、すでにそこにあるが、いまだ隠されたものを、顕在化させる何かだ。だから私たちは、何もないところから創造したり、発明するというよりは、何かを発見=discoverすることを通して建築をつくりたいと思うのだ。

新しいかたち

 たとえば、花のあいだを蝶が飛んでいるとき、そこにある立体的なフィールドは、植物がつくるふわふわとした隙間だらけのかたちによってつくり出されている。このようなあいまいで立体的なかたちを言葉にすること。〈からまりしろ〉というコンセプトはそんな考えから生まれたが、単にかたちの水準の問題を超えて、多様に展開することになった。他方で、このような新しいかたちそのものの問題を、きちんと記述しておく必要もある。この展覧会では「側」「ひだ」「ライン」「階層」という言葉で、新しいかたちを発見する建築の試みを照らし出す。

新しい自然

 上空から眺めると、建築や農耕を行う人類は、地表面を発酵させる微生物のようでもある。人の営みは自然の一部である。しかし、たとえばミースが見据えた絶対的に均質な空間のように、私たちが親しみを感じる「自然」とは対極を標榜する人工物も生み出す。とはいえ、そんな極北の世界すら「自然」の一部であることに変わりはない。
 そこにあるのは自然/人工の対立ではなく、生/死の対立ではないだろうか。この対立軸上で「生きている」ことをグラデーション的にとらえること。そこに新しい「建築の自然」を発見するきっかけがある。「生の度合」「動物的」「創発的」「発酵・浸食」という言葉がガイドになるだろう。

新しいコミットメント

 私たちが目指す「新しさ」は、人間というものを即物的な視線でとらえ直したときに、生きている世界のありようのなかに発見される、ということもできる。それは、人間がつくり上げてきた意味や慣習や社会のありようをかっこに入れ、「人間から離れる」ことと引き換えに見出される新しさである。
 しかし、人間の社会的営みが、生きている世界の一部であることに変わりないとしたら、いったん「人間から離れる」ことによって獲得された新しい建築のアプローチは、再び「人間と出会う」ことができるのではないだろうか。「土」「汎ローカリティ」「他者」「履歴」という新しいコミットメントに向けた手がかりを示したい。

平田晃久講演会「Discovering New」

2018年5月31日(木)18:30~20:30
イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F)
500名、参加無料
事前申し込み制
TOTOギャラリー・間ウェブサイトよりお申し込みください。
5月8日(火)まで
  • 平田晃久氏の画像

    平田晃久Hirata Akihisa

    ひらた・あきひさ/1971年大阪府出身。94年京都大学工学部建築学科卒業。97年京都大学大学院工学研究科修了後、伊東豊雄建築設計事務所勤務。2005年平田晃久建築設計事務所を設立。15年より京都大学准教授。工学博士。
    おもな作品に「桝屋本店」(06)、「Bloomberg Pavilion」(11)、「Kotoriku」(14)、「太田市美術館・図書館」(17)など。第19回JIA新人賞(08)、Elita Design Award(12)、第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(12年、日本館協働受賞)、日本建築設計学会賞(15)など受賞多数。著書に『現代建築家コンセプト・シリーズ8 平田晃久 建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』(11年、LIXIL出版)など。16年にはニューヨーク近代美術館(MoMA)にて“A Japanese Constellation”展に参加。
    ©Luca Gabino