床・壁・天井

印刷する

キレイで快適なトイレのためのおそうじのコツを紹介します。
知りたいお掃除の方法をクリックしてください。

クイックおそうじ

トイレの「キレイ」を保つには、汚れに気づいたらその場でおそうじが一番です。きれいを保つために、汚れをためない、そのままにしない。それが「クイックおそうじ」。

ポイント

  • トイレに入ったついでに、さっとお手入れ
  • 家族の協力を得て、汚したときにはすぐにおそうじを
  • おそうじ道具はみんなの取りやすいところに

ふだん

使った後や、気がついたときにサッとでも、1日1回と決めてでもOK。汚れをためないことを習慣にすれば、おそうじはもっと簡単になります。

1.そうじの原則は、上から下へ。ペーパーモップで、天井、壁、床の順にホコリを取ります。

2.床を水拭きします。

床を水拭きします。

ていねい

汚れが気になりだしたら、いつもより丁寧に。素材に合わせた道具や洗剤を使って効果を高めましょう。

1.床のホコリをペ-パ-モップなどで取り除きます。

2.布に住宅用中性洗剤をつけて床をふきます。便器と床のすき間は、割り箸に布を巻いたもので、細かい汚れや水分を取り除きます。

3.次に水拭きをし、最後にから拭きをします。

床のホコリをペ-パ-モップなどで取り除きます。布に住宅用中性洗剤をつけて床をふきます。便器と床のすき間は、割り箸に布を巻いたもので、細かい汚れや水分を取り除きます。次に水拭きをし、最後にから拭きをします。

タイル床の場合

1.十分に絞った布かウェットぞうきんで、ホコリやゴミを取り除きます。

2.タイルの目地に黒ずみができているときは、歯ブラシにクリームクレンザーをつけて、汚れをこすり落とします。

3.水拭きをしてから、さらにから拭きをして水分を取り除きます。

壁・天井

1.ホコリをペ-パ-モップなどで取り除きます。

2.ペーパーモップに十分に絞った布を巻きつけて、汚れを拭き取ります。

便器まわりの床にできる黒いシミの原因は?

小水中にアンモニアや梅雨時などの結露が原因です。長時間放置しておくと、木質系のフローリング床材を腐らせる原因にもなります。床にこぼれた水分は、すぐに拭き取るように心がけましょう。

Share

CLOSE