タンク手洗い金具ががたつく・緩む

印刷する

作業方法のご紹介後に各ページの内容のアンケートを設置しております。是非ともご協力ください。

修理・調整のPoint

手洗い金具を固定するナットが十分に締め付けられていない可能性があります。
ナットを増し締めしていただければ解消します。

<対象品>

インナー樹脂タンク全般(陶器タンクの中に樹脂タンク有り)

作業の前の確認項目

  • 止水栓をマイナスドライバーなどで閉めてください。
  • 止水栓が確実に閉まっていることを確認します。
  • レバーハンドルを回すとタンク内に溜まっていた水が便器内に流れますが、タンク内に新たに給水されないことを確認してください。

作業に必要な工具

  • マイナスドライバー

    マイナス
    ドライバー

Step1 タンクのふたを開けます

1.陶器タンクふたを外し、樹脂タンクふたを外してください。

  • 陶器タンクふたは、ゆっくり真上に上げて外してください。 陶器製のふたを外す場合、落下させたり、硬いものに当てたりすると破損して怪我をする可能性がありますので、十分注意してください。

Step2 タンク内のナットを調整します

1.陶器タンク裏のナットを時計回りに軽く締めておいてください。
その後、手洗い金具の吐水口と陶器タンクふたの排水口の位置を確認して、ナットを締め付けてください。

【締め付け具合】: 多少力を入れた状態まで締めてください。

  • 品番によっては手洗い管の位置や形状がことなりますが、作業内容は同じです。

Step3 タンクのふたを閉じます

1.樹脂タンクふた、陶器タンクふたをもとに戻してください。

タンク本体と手洗い管①に陶器ふたの手洗い金具②を正しく差し込んでください。

Step4 止水栓を開けてください

1.止水栓をマイナスドライバーなどで開けて、タンク内に水が溜まっていくことを確認してください。

  • 必ずSTEP3の作業が完了してから止水栓を開けてください。

2.洗浄して以下の3つを確認してください。
(1) タンク内に溜まったいた水が便器内に流れていくこと
(2) タンク内に水が溜まり、その後水が止まること
(3) タンク外に水が漏れていないこと

  • 異常があった場合、止水栓を閉めて、STEP3の作業をやり直してください。

作業完了

これで修理・調整のステップは完了です。掲載内容はお役に立ちましたか?
みなさまのお役に立てるよう、ご意見をもとに改善してまいります。このページの掲載内容についてアンケートにご協力ください。

このような時は修理依頼もしくはお買い替えをお願いします

  • 水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

    水漏れしている・いつも製品に水滴がついている

  • 便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

    便座の温度の調整ができない(異常に熱い)

  • 便座や陶器に割れ、ひびが入っている

    便座や陶器に割れ、ひびが入っている

最新のトイレの快適さをご覧ください

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

新製品のご購入やリフォームのご検討にお役に立つページをご紹介しています。

Share

CLOSE