学校トイレに求められていること:教育

教育

トイレづくりは、人づくり。

使い方やマナー、掃除の仕方、環境など、子どもたちにとってトイレはさまざまな学びの素材に。

トイレから学びを考える

身近なトイレから学べることがたくさんあります。

トイレを学びにつなげることで、子どもたちに新たな視点が生まれ、学校生活が豊かに生まれ変わります。優れた空間設備、清掃メンテナンス体制、教育の3つを的確に連動できれば、学校トイレは地域の新たな財産になるでしょう。

心や健康を学ぶ
私たちの身体の仕組みや、うんちができるまでなど、排せつの大切さを学習。

環境を学ぶ
土や川の浄化作用や屎尿の行方など、学年ごとに楽しく学習。

社会を学ぶ
バリアフリーってなんだろう?トイレを起点に、障がい者や高齢者などみんなが暮らしやすい社会のあり方までも学習。

思いやりの心を育む
あとに使う人のことを考えてトイレを使うなど、基本的な公共精神を育みます。

子どもたちの意見をトイレづくりに反映

環境教育にトイレを題材にした学校が増えています。

豊田市立土橋小学校の事例
環境省の「エコフロー事業」に指定されている豊田市立土橋小学校で、エコ改修と環境教育を連動させた学習プログラムを実施。事前学習でトイレの予備知識をエコ視点から学び、その後2つのワークショップを行い理想のトイレを考えました。

グループワーク1:トイレ改修案を考えよう!

既設トイレの模型や図面、最新の学校トイレ事例を見ながら、おおまかなトイレの配置計画を考えました。

※写真はイメージです。

グループワーク2:カードゲームでエコを学ぼう!

大学および設計事務所と協力してトイレを学ぶカードゲームを作成。ゲーム感覚でエコを学びました。

実際に出来上がったトイレ