PUBLIC
RESTROOM
ITEMS
CONCEPT
コンセプト

5. ユニバーサルデザイン

使う人の声に
耳を傾けること。

一人でも多くの人が使いやすいトイレをめざして、 TOTOは研究と開発を続けています。

国内の高齢化が進み、日本を訪れる外国人の数も増え続けるなか、パブリックトイレにおけるユニバーサルデザインの重要性はますます高まっています。
TOTOは、ユニバーサルデザインを専門に研究するUD研究所を設立し、長年にわたり、誰にでも使いやすいトイレをめざして商品を開発してきました。
また、初めて利用する人にもわかりやすいように規格の標準化にも取り組み、産学連携による共同研究を重ねた大便器まわりの操作系設備における共通ルールは、JIS規格として定められました。
さらに業界協同の取り組みにより、トイレ操作パネルのピクトグラムを統一。
国際規格にも登録されています。

  • UD研究所

    年代・身体状況・家族構成・ライフスタイルなど、一人ひとりのお客様の生活を考えた商品開発・提案を行うため、UD研究所を中心に専門的な研究を行っています。

  • 公共トイレ操作系JIS

    産学連携共同研究を重ねてきた「公共トイレ操作系JIS(JIS S 0026)」に対応した商品開発を行っています。

6. エコロジー

先進のテクノロジーで、
省資源化に取り組む。

快適さはそのままに、省資源を実現する。
TOTOの先進テクノロジー。

国際規模でCO2排出量の削減が課題になるなか、レストルームが地球環境に貢献できること。
それは使用する水や電気、資源の量をできるだけ抑えること。
TOTOが培ってきた便器洗浄技術により実現した新洗浄システム「フラッシュタンク式」は、タンク式と同じ給水口径15Aでありながら、フラッシュバルブ式便器と同等の連続洗浄を電源レスで実現。6台同時洗浄も可能です。
フラッシュバルブ式に比べて小口径のため、建物全体でポンプや便器までの給水管をサイズダウンでき、建築資材の省資源化に貢献します。給水はフレキホース接続なので、タンク式便器と同等の施工性を実現。
さらに乾電池や壁裏配線工事が不要なエコリモコンと組み合わせることで、施工時間も大幅に短縮できます。

  • フラッシュタンク式

    新洗浄システム「フラッシュタンク式」が、タンク式と同等の給水口径でフラッシュバルブ式同等の連続洗浄を電源レスで実現。(一度洗浄してから約20秒で次の洗浄が可能。)

  • エコリモコン

    ボタンを押すと発電し、その電力でリモコンが作動する「エコリモコン」。乾電池交換や壁裏の電源工事が不要。

    「エコリモコン」詳しくはこちら

7. パブリック配慮

あたりまえに使えることを、
あたりまえに。

いつでも安心して使えるようにすること。
それが、パブリックトイレの責任です。

多くの人が利用するパブリックレストルーム。そこでは、たったひとつの器具がトラブルを起こすだけでも、使う人にとって大きな不便につながります。
TOTOは、いつでも故障なく快適に、そして清潔に使えることをめざし、商品開発に取り組んでいます。
たとえば「フラッシュタンク式」便器は、複数のブースで同時洗浄をしても洗浄不良を起こしにくい特長があり、ウォシュレットにも温度設定や清掃時のノズルの出し/戻しをリモコンで簡単に設定・操作できる「ウォシュレット管理清掃用リモコン」を採用しています。
使う人はもちろん、お手入れする人も含めて、すべての人が安心して使えるトイレであること。
それがパブリックレストルームの責任であると考えます。

  • 「フラッシュタンク式」便器

    給水管系32Aで6台同時洗浄が可能な「フラッシュタンク式」便器。

  • ウォシュレット管理清掃用リモコン

    ウォシュレットの便座・温水温度の設定や清掃時に便利なノズルの出し/戻しが簡単にできる「ウォシュレット管理清掃用リモコン」

その他のコンセプト

建築専門家のための情報サイト COM-ET(コメット)

  • お探しの商品が見つからない場合には下記のWebサイトをご確認ください。様々な条件から検索できる専門家のための情報サイトです。

    COM-ET(コメット)

  • 主要なTOTO一般商品の2次元・3次元CADデータがダウンロードできます。

    CADデータを見る

  • 各種カタログのページ閲覧やご請求、商品ロゴマークのダウンロードなどを行えます。オンラインカタログ(カタらボ)にて画像の切り抜きやPDFダウンロードも可能です。

    カタログを見る・請求する

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE