その他の特長:プランニングのポイント

暮らし方にあわせてキッチンのタイプを選ぶ

キッチンのタイプを大きく分けると、「ダイニングと一体化させる/独立させる」「カウンターを壁付けにする/対面にする」の2軸から選ぶことができます。

ダイニングと一体

キッチンを見せたい壁付けタイプ クリアパーティション(壁付け)

空間を広く使える壁付け型

ダイニングとの一体空間で広々。
ウォールキャビネットも付けられて収納力アップ。

キッチンを見せたい対面タイプ オープン(壁付け)

ダイニングと同じ空間のフラット対面型

ダイニングと境のないオープンなキッチン。
広々と開放的な空間をつくりたい方におすすめ。

ダイニングから独立

キッチンを隠したい壁付けタイプ 料理に集中しやすい独立型

料理に集中できる独立型

人目を気にせず料理や片付けもでき、
壁面を使った収納量スペースも確保できます。

キッチンを隠したい対面タイプ ダイニングから手元を隠せる対面型

ダイニングから手元を隠せる対面型

手元部分をさりげなく隠せるので、LDK空間の雰囲気を損なうことなく、開放感が得られます。

Share

CLOSE