茨城県在住のH様:ザ・クラッソ 施工実例

家族で一緒に使える大きなアイランドキッチンが、部屋を美しく印象づけます

部屋のリフォームに合わせて、キッチンを念願のアイランド型に

お部屋全体をリフォームされたという奥様。キッチンも同じタイミングでリフォームしました。「我が家では、ほぼ毎日料理好きの主人と一緒にキッチンに立つんです。でも、以前使っていたキッチンは、壁づけのL字型。間口が狭くて、2人で一緒に作業するとよく肩がぶつかり合っていました。」そのため、リフォームするならアイランド型にし、リビングの真ん中に置いて広々使いたいと決めていたとのこと。

リビングの真ん中に置くので、「キッチンらしくないキッチンにしたかった」のだそう。最初に検討したのは、建築士にすすめられた、別のキッチンでした。「でも見に行ってみたら、イメージしていたものじゃないと感じて、近くにあったTOTOのショールームにも寄ってみることにしたんです。」

そこで運命的な出会いをしたのがTHE CRASSOでした。「ショールームに入ったら目の前にあったんですよ、THE CRASSOが。もうこれしかない!と思いました。この大きさと重厚感、クリスタルカウンターのちょっと光る感じがとてもきれいで、一目惚れでしたね」。

扉のカラーは上品な落ち着きのあるデリエピンクを選択。「もともとこんなピンク色が大好きなんです。気がついたら、キッチンを中心に部屋全体が同じ色でコーディネートされていました。好きなものは自然と集まってくるみたいですね」。美しいピンク色に染められたお部屋はとても明るくて、ホッと心が和むような雰囲気があります。

「完成したキッチンを見て、両親も『こんなキッチンがあるのね!』とうらやましがっています。美しさに日々魅せられる、大満足のキッチンです」。

夫婦で一緒に料理できる広さと、たっぷりの収納に納得

THE CRASSOにすることでキッチンの使いやすさが大きく変わったとおっしゃる奥様。「夫と2人で立っても広々で、とても作業しやすくなりました」。ワークトップに奥行きがあるので、奥様がキッチン側から、ご主人がリビング側から、まな板を並べて作業することも可能です。「買い物をして帰ってきたときも、買った物を床に置かず作業台に全部広げることができるんですよ」。日々使い勝手の良さを感じていただいている様子がうかがえます。

リビングとダイニングをキッチンで仕切るという間取りは、奥様のご希望でした。ホームパーティの際には、キッチンを挟んで子どものテーブルは手前側、大人のテーブルは奥側というふうに楽しんだこともあるそうです。賑やかな声が、室内いっぱいに広がる様子が目に浮かびます。

収納が多いのも、奥様納得のポイント。きれい好きの奥様にとっては、キッチンがすっきり片付く収納力はとても魅力的。「キッチン側にはお気に入りの料理器具を、リビング側にはお茶の道具やお酒をしまっています。テレビのリモコンまで入れてるんですよ!」たっぷりの収納を存分に活用していただいているようです。

2年近くお使いになっている今でも、「このきれいなキッチンが本当にお気に入りなんです」と語る奥様。毎日のお掃除が楽に済むのもポイントが高いとのこと。「油汚れはさっと拭くだけでOKですし、きれい除菌水のおかげで排水口もぬめりにくい。いつでも面倒にならずパっと掃除できて気持ちいいですね」。

THE CRASSOの使いやすさはご主人も実感。キッチンを変えてから、ご家族でキッチンに立つことも増えてきました。「このキッチンになって、子ども達もよくお手伝いするようになったんです。お手伝いの様子をリビングからさりげなく見守ってあげられるのがいいですね」。家族で作る美味しいお料理が、これからもキッチンを楽しく彩っていきそうです。

お気に入りポイント

美しい光沢のあるクリスタルカウンター

「優しく光る感じがとてもきれいで気に入りました。扉のデリエピンクと合わせて、何ともいえない美しさに惚れ惚れしています」

使い勝手のよいタッチスイッチ水ほうき水栓LF

「水栓はセンサーではなくタッチ式にしたかったので、かなり気に入っています。ちょうど発売されたばかりのときに運良く巡り会えました」

DATA

ご家族情報
家族構成:ご夫婦・お子様2人
住宅情報
建物:戸建(築40年)
今回のTHE CRASSO
スリム対面・フラット型
間口:2550mm
扉:デリエピンク
カウンター:クリスタルスノー
  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。
  • お客様の個人的な感想です。使用・環境条件により効果が異なりますので、同等の効果や性能を保証するものではありません。
Share

CLOSE