TOTO
過去の講演会

©Anna Nagai
2020年1月21日(火)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=増田信吾、大坪克亘

2019年11月18日(月)|TOTOミュージアム (福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1)
講師=堀部安嗣

©Filip Dujardin
2019年9月13日(金)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=アーキテクテン・デ・ヴィルダー・ヴィンク・タユー

©takashi kato
2019年5月30日(木)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=中山英之

©Hisao Suzuki
2019年1月24日(木)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=RCRアーキテクツ

©Yoshiaki Tsutsui ©Daisuke Ohki
2018年8月20日(月)|TOTOミュージアム(福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1)
講師=トラフ建築設計事務所

©Kenshu Shintsubo ©Gottingham
2018年8月9日(木)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=藤村龍至

©Luca Gabino ©Yukikazu Ito
2018年5月31日(木)|イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
講師=平田晃久

2018年4月28日(土)|TOTOギャラリー・間 GALLERY 2(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル4F)
トークイベント出演者=妹島和世 他

2017 年2月16 日(金)|建築会館ホール
監修・モデレーター=塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン、東京工業大学大学院教授)山名善之(建築家、東京理科大学教授、本展監修者)パネリスト=槇 文彦(建築家/槇総合計画事務所)西田 司(建築家/オンデザインパートナーズ)成瀬友梨(建築家/成瀬・猪熊建築設計事務所) 能作文徳(建築家/能作アーキテクツ) 伊藤 暁(建築家/ BUS、伊藤暁建築設計事務所)

2017年11月25日(土)|近畿大学東大阪キャンパス 39号館2階201教室
講師=黃 聲遠(ホァン・シェン・ユェン)

2017年1月27日(金)|イイノホール講師=堀部安嗣

2016年10月22日(土)|金沢工業大学 23号館 330教室
講師=トラフ建築設計事務所

2016年7月10日(日)|神戸大学百年記念館 六甲ホール
講師=スミルハン・ラディック

2016年7月8日(金)|イイノホール
講師=スミルハン・ラディック

2016年4月15 日(金)|イイノホール
講師=三分一 博志

2015年12月6 日(日)|京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ 講師=チャトポン・チュエンルディーモル ナビゲーター=城戸崎和佐 ゲスト=ウォラヌッチ・チュエンルディーモル、服部滋樹

2015年11月27 日(金)|東北大学カタールサイエンスキャンパスホール 講師=チャオ・ヤン ナビゲーター=本江正茂 ゲスト=五十嵐太郎、石田壽一

2015年10月28日(水)|北海道大学工学部 建築都市スタジオ棟内 MUTSUMI HALL 講師=リン・ハオ ナビゲーター=小澤丈夫 ゲスト=五十嵐 淳、加藤 誠

2015年10月20 日(火)|九州大学芸術工学部多次元デザイン実験棟ホール 講師=ヴォ・チョン・ギア ナビゲーター=藤原惠洋 ゲスト=土居義岳、岩元真明

2015年10月17日(土)|日経ホール モデレーター=エルウィン・ビライ コメンテーター=藤原徹平 パネリスト=チャトポン・チュエンルディーモル、リン・ハオ、ヴォ・チョン・ギア、大西麻貴+百田有希、チャオ・ヤン

2015年7月10日(金)|建築会館ホール
講師=黃 聲遠(ホァン・シェン・ユェン)

2015年3月22日(日)|建築会館ホール
パネリスト=岸 和郎、北山 恒、内藤 廣、土居義岳、山梨知彦、米田 明
モデレーター=豊川斎赫

2013年4月25日(木)|建築会館ホール
講師=中村好文

2012年7月12日(木)|津田ホール
講師=ビジョイ・ジェイン

2012年5月17日(木)|建築会館ホール
パネリスト=三宅理一、倉方俊輔、ユ・イファ、田中敏晴

2012年2月10日(金)|建築会館ホール
講師=長谷川豪

2011年11月2日(水)|東京大学大講堂(安田講堂)
監修=内藤廣・原研哉

第1部
基調講演「建築になにが可能か」
講師=原広司

第2部
プロローグ「311 失われた街」
パネリスト=内藤 廣、原研哉、槻橋修

第3部
「ArchiAid:建築家による復興支援ネットワーク」
モデレーター=原研哉
パネリスト=小野田泰明、中田千彦、青木淳、小嶋一浩、藤村龍至

第4部
「再生:建築にできること」
モデレーター=内藤廣
パネリスト=帰心の会(伊東豊雄、隈研吾、妹島和世、山本理顕)

第5部
総括「311 ゼロ地点から考える」
講師=内藤廣、原研哉

2011年6月9日(木)|津田ホール
講師=五十嵐淳

座長=ケン・タダシ・オオシマ

2010年11月20日(土)
パネリスト=パウロ・ダヴィッド、ケリー・ヒル、スミルハン・ラディック
統括パネリスト=岸和郎、内藤廣、原研哉

会場=建築会館ホール

座長=ケン・タダシ・オオシマ

2010年11月19日(金)
パネリスト=ショーン・ゴッドセル、RCRアランダ・ピジェム・ヴィラルタ・アーキテクツ、石上純也、トム・クンディグ

会場=建築会館ホール

2010年7月8日(木)|津田ホール
講師=ディヴィッド・アジャイ

2010年4月16日(金)|津田ホール
講師=竹原義二

2009年10月15日(木)|よみうりホール
講師=隈研吾

2009年6月26日(金)|津田ホール
講師=アルベルト・カンポ・バエザ

中国でつくる 松原弘典の建築
2007年12月12日(水)|建築会館ホール
講師=迫慶一郎、松原弘典
モデレーター=五十嵐太郎

2007年10月11日(木)|津田ホール
講師=小嶋一浩、赤松佳珠子

2006年9月26日(火)|津田ホール
パネリスト=伊東豊雄、坂本一成、多木浩二

2006年4月21日|建築会館ホール 講師=手塚貴晴、手塚由比

第1回 2006年1月10日
住宅は建築か
講師=磯崎新

第2回 2006年1月17日
住まいについて考える
講師=安藤忠雄

第3回 2006年1月31日
20世紀から21世紀への日本の住まいの流れ――“分離派”問題
講師=藤森照信

第4回 2006年2月2日
住宅論――いま、住宅とは何か?
講師=伊東豊雄

会場=草月ホール

2005年10月28日|建築会館ホール
講師=小泉誠

講師=佐々木睦朗

第1回 2005年6月8日
ゆるやかな構築性について
ゲスト講師=伊東豊雄

第2回 2005年6月22日
身体性について
ゲスト講師=妹島和世+西沢立衛/SANAA

第3回 2005年7月2日
リダンダンシーについて
ゲスト講師=磯崎新

2005年4月22日|建築会館ホール
講師=阿部仁史
関連展覧会
阿部仁史展 Body

講師=阿部仁史

第1回 2005年4月8日
情報技術時代の身体
ゲスト講師=山中俊治
ナビゲーター=本江正茂

第2回 2005年4月12日
リアリティとしての身体
ゲスト講師=斎藤環
ナビゲーター=小野田泰明

第3回 2005年4月26日
自然としての身体
ゲスト講師=藤森照信
ナビゲーター=南泰裕

第4回 2005年5月10日
来るべき身体
ゲスト講師=小谷真理
ナビゲーター=五十嵐太郎

第5回 2005年5月12日
空間的身体
ゲスト講師=青木淳
ナビゲーター=槻橋修

会場=AXISギャラリー
関連展覧会
阿部仁史展 Body

講師・モデレーター=原広司

空間の文法1 2004年12月18日
境界・領域・場
ゲスト講師=隈研吾、藤井明

空間の文法2 2005年1月15日
気候学的な場・活動の場・記号場――特に〈ディスクリート〉について
ゲスト講師=小嶋一浩、門内輝行

空間の文法3 2005年2月2日
トラヴァーシング・様相
ゲスト講師=植田実、服部岑生

会場=六本木アカデミーヒルズ スカイスタジオ

2004年9月11日|松下電工本社ビル5Fホール
講師=アンジェロ・マンジャロッティ

2004年6月5日|建築会館ホール
講師=西沢大良

監修・ナビゲーター=村松伸

第1回 2004年4月6日
伴山人家:北京/天津
講師=山本理顕

第2回 2004年4月9日
トロピカル・コンバージョン:インドネシア・メダン
講師=国広ジョージ

第3回 2004年4月13日
輝くアジア:シンガポール、バンコク、上海
講師=面出薫

第4回 2004年4月16日
アジアを撮る:モンゴルからイスタンブールまで
講師=淺川敏

第5回 2004年4月27日
風のとおる住まい:ハノイモデル
講師=小嶋一浩、曲渕英邦

会場=SPAZIO 2

2004年2月28日|建築会館ホール
講師=承孝相、張永和
司会=村松伸

2003年11月29日|建築会館ホール
講師=高橋靗一

2003年9月27日|草月ホール
パネリスト=杉本貴志、原研哉、深澤直人
関連展覧会
無印良品の未来

第1回 2003年9月20日
外国人はなぜMUJIが好きか?
講師=サム・ヘクト

第2回 2003年10月4日
無印良品の住宅
講師=北山恒、難波和彦

第3回 2003年10月18日
無印良品を解読する
講師=黒川雅之、深澤直人

第4回 2003年11月1日
デザインしないということ
講師=杉本貴志、原研哉、深澤直人

第5回 2003年11月8日
アンチモードと「無印良品」
講師=山本耀司

会場=建築家会館本館ホール
関連展覧会
無印良品の未来

2002年10月19日|建築会館ホール
講師=オカタル・マーチェル、マウリツィオ・メリッジ、ユーリー・ヴォルチョク
司会=リシャット・ムラギルディン

監修=石堂威、小巻哲、田尻裕彦、寺田真理子、馬場正尊

A-1 2002年9月7日
パネリスト=原広司、妹島和世、塚本由晴、吉村靖孝
ナビゲーター=寺田真理子

A-2 2002年9月14日
パネリスト=磯崎新、山本理顕、小嶋一浩、千葉学、山代悟
ナビゲーター=石堂威

A-3 2002年9月21日
パネリスト=石山修武、岸和郎、青木淳、阿部仁史、太田浩史
ナビゲーター=田尻裕彦

A-4 2002年9月28日
パネリスト=篠原一男、長谷川逸子、隈研吾、西沢立衛、藤本壮介
ナビゲーター=小巻哲

A-5 2002年10月5日
パネリスト=槇文彦、藤森照信、内藤廣、曽我部昌史、松原弘典
ナビゲーター=馬場正尊

追加講演会 2002年10月1日(会場=TOTOギャラリー・間)
講師=伊東豊雄

会場=建築家会館本館ホール

監修=石堂威、小巻哲、田尻裕彦、寺田真理子、馬場正尊

B-1 2002年9月4日
IT時代の都市・建築
ゲスト=月尾嘉男 ナビゲーター=田尻裕彦

B-2 2002年9月11日
なんてったって建築家!
ゲスト=『カーサ ブルータス』編集部(吉家千絵子、西田善太)
ナビゲーター=馬場正尊

B-3 2002年9月18日
21世紀の今、プルーヴェとイームズに学ぶ
ゲスト=松村秀一 ナビゲーター=小巻哲

B-4 2002年9月25日
映画と都市――架空の世界をつくる
ゲスト=押井守、種田陽平
ゲスト・ナビゲーター=五十嵐太郎
ナビゲーター=寺田真理子

B-5 2002年10月2日
編集という視点から
パネリスト=石堂威、小巻哲、田尻裕彦、寺田真理子、馬場正尊

会場=TOTOギャラリー・間

2002年5月21日|津田ホール
講師=古谷誠章

講師=岸和郎×北山恒×内藤廣

Session-1 2002年3月1日
卒業設計と現在
ナビゲーター=内藤廣

Session-2 2002年3月16日
消費されるイデオロギー
ナビゲーター=北山恒

Session-3 2002年3月29日
東京(京都); BILBAO/NEW YORK
ナビゲーター=岸和郎

監修=岩岡竜夫、奥山信一、曽我部昌史
講師=坂本一成

第1回 2001年12月4日
制度/消費/記号 
ゲスト=伊東豊雄

第2回 2001年12月11日
構成/空間/配列
ゲスト=山本理顕

第3回 2001年12月18日
環境/都市/コンテクスト
ゲスト=吉松秀樹

第4回 2002年1月11日
スケール/身体/プロポーション
ゲスト=妹島和世

第5回 2002年1月22日
架構/場所/領域
ゲスト=内藤廣

第6回 2002年1月29日
経験/記憶/レトリック
ゲスト=青木淳

会場=TOTOギャラリー・間

監修・ナビゲーター=馬場正尊 
企画協力=元永二朗/A activity

第1回 2001年9月11日
ランドスケープの生成――帯広競馬場での試みを通して
講師=芹沢高志

第2回 2001年9月13日
越境するドローイング
講師=小阪淳

第3回 2001年9月14日
トランス・スケール 都市×速度
講師=韓亜由美

第4回 2001年9月18日
A PLAN FOR MUSEUM OF PERCEPTION: 知覚美術館構想
講師=三上晴子

第5回 2001年9月20日
トランス・カルチャー
講師=池田昌弘

第6回 2001年9月21日
all for one/one for all
講師=片山正通

第7回 2001年9月25日
未開の表現領域に向かって
講師=タナカノリユキ

第8回 2001年9月27日
地形的な建築
講師=入江経一

第9回 2001年9月28日
総括:今、ここにある建築の可能性
講師=馬場正尊

会場=TOTOギャラリー・間

2001年6月23日|建築会館ホール
講師=難波和彦

ナビゲーター=富永譲

第1回 2001年4月20日
オブジェとしての空間装置
講師=中村好文

第2回 2001年4月24日
ル・コルビュジエのメディア戦略
講師=鈴木了二

第3回 2001年4月27日
ル・コルビュジエの光と影、または屋根とピロティについて
講師=鈴木恂

第4回 2001年5月11日
住宅を構成するもの 住宅が構成するもの――コルビュジエ VS ミース
講師=八束はじめ

第5回 2001年5月15日
ドミノ・システムの意味
講師=伊東豊雄

第6回 2001年5月18日
ル・コルビュジエの住宅と建築的散策路
講師=富永譲

会場=健保会館はあといん乃木坂

2001年1月26日|東京国際フォーラム ホールC
講師=磯崎新

監修=阿部仁史、五十嵐太郎、曽我部昌史、千葉学
ナビゲーター=五十嵐太郎

第1回 2000年10月28日
空所――都市をいかに再生させるのか?
講師=アトリエ・ワン×ファクターエヌ・アソシエイツ

第2回 2000年11月10日
環境――内部と外部をいかに関係させるのか?
講師=遠藤秀平×西沢立衛

第3回 2000年11月25日
集積――建築はいかに社会と接点をもつのか?
講師=阿部仁史+小野田泰明×梅林克

第4回 2000年12月9日
混交――アイデンティティはいかに生成するのか?
講師=クライン ダイサム アーキテクツ×マツオカ・ワン・アーキテクツ

第5回 2000年12月23日
地形――都市をいかに読み込むのか?
講師=みかんぐみ×宮本佳明

第6回 2000年12月23日
20世紀最後の建築会議――若手はどこに立っているのか?
講師=阿部仁史、五十嵐太郎、曽我部昌史、千葉学
特別ゲスト=三宅理一

会場=健保会館はあといん乃木坂

監修=植田実、内藤廣、中村好文

第1回 2000年6月15日
住宅巡礼
講師=中村好文

第2回 2000年6月20日
住むことと家の距離
講師=青木淳 聞き手=植田実

第3回 2000年6月22日
観察と定着
講師=塚本由晴 聞き手=内藤廣

第4回 2000年6月27日
住宅について
講師=内藤廣 聞き手=植田実

第5回 2000年6月29日
家族から住まいを考える
講師=木下庸子+渡辺真理 聞き手=中村好文

第6回 2000年7月4日
住むかたち
講師=妹島和世 聞き手=内藤廣

2000年6月10日|草月ホール
司会=植田実
パネリスト=隈研吾、原広司、山本理顕

2000年4月19日|建築会館ホール
講師=青木淳

第1回:再生 1999年12月22日
第2回:流動 2000年1月25日
第3回:混沌 2000年2月18日

会場=はあといん乃木坂

監修=面出薫

第1回 1999年10月15日
啓示する光――ロマネスクからルネサンスまで
講師=香山壽夫

第2回 1999年10月19日
モダニズムと光――放射、反射、闇への反転
講師=田中純

第3回 1999年10月22日
オリエンタリズムの光――宗教装置としての光と闇
講師=三宅理一

第4回 1999年10月27日
日本建築――光のコレクション
講師=齋藤裕

第5回 1999年10月29日
30年代の光と影――サーチライト、ファシズム、摩天楼
講師=鵜沢隆

第6回 1999年11月2日
映画と光――未来世紀の考古学
講師=鈴木了二

第7回 1999年11月5日
新世紀の光へ――20世紀の光の役割とその未来
講師=面出薫

監修・ナビゲーター=芹沢高志
企画協力=A-activity

第1回 1999年6月1日
コラボレーション<活動×建築>
講師=A-activity

第2回 1999年6月2日
都市へのアプローチ コマンドNと秋葉原TV
講師=中村政人

第3回 1999年6月3日
反オブジェクト
講師=隈研吾

第4回 1999年6月4日
FINAL HOME=建築から被服へ
講師=津村耕佑

第5回 1999年6月5日
ミニマル・プライベート――ウィークエンドカフェの運営を通して
講師=小山田徹

第6回 1999年6月7日
横断する批評――建築・音楽・エヴァンゲリオン
講師=五十嵐太郎

第7回 1999年6月8日
身体から建築へのランドスケープ
講師=ナンシー・フィンレイ+千葉学

第8回 1999年6月9日
情報化する空間、空間化する情報
講師=岡正明×暦本純一

第9回 1999年6月10日
“Deluxe”にみるジャンルの融合
講師=アストリッド・クライン+マーク・ダイサム

第10回 1999年6月11日
F.O.B HOMESにみる新しい建築流通システム
講師=梅林克×藤脇慎吾

第11回 1999年6月12日
総括:トランス・アーキテクチャー・クルーズ
講師=芹沢高志

会場=TOTOギャラリー・間

1998年10月1日|草月ホール
講師=齋藤裕

監修=齊藤裕

第1回 1998年9月23日
幻の安土城からみる信長のユートピア――近世都市の先駆
講師=内藤昌

第2回 1998年10月6日
木割からみた日本建築史
講師=中川武

第3回 1998年10月8日
日本建築の内部空間の演出
講師=西和夫

第4回 1998年10月22日
日本建築のタテとヨコ
講師=横山正

第5回 1998年10月23日
カワラマンがみた日本の屋根
講師=山田脩二

第6回 1998年10月24日
待庵――利休と幾何学
講師=齋藤裕

会場=TOTOギャラリー・間

監修=藤井恵介

第1回 1998年7月15日
日本建築をどう見るか
講師=竹原義二

第2回 1998年7月21日
実測図から建築と庭を読む
講師=澤良雄

第3回 1998年7月24日
西澤文隆における実測という行為
講師=金澤良春

東京=1998年2月27日|イイノホール
広島=1998年3月6日|広島県民文化センター
講師=藤森照信

札幌=1997年12月5日|札幌市教育文化会館
東京=1997年12月10日|イイノホール

カルロ・スカルパの講義と教授法
講師=フランカ・セミ
カルロ・スカルパ 着想のコレクション
講師=齋藤裕

監修=齋藤裕

第1回 1997年11月14日
カルロ・スカルパの手法――美術館の光と展示デザイン
講師=古谷誠章

第2回 1997年11月18日
スカルパの心のライバル――ミケランジェロの建築とプロポーション
講師=長尾重武

第3回 1997年11月21日
パラディオの建築空間 〜型から形へ〜
講師=香山壽夫

第4回 1997年11月27日
スカルパの原風景 ヴェネツィアの建築と風土 〜光・水・路地・広場・空〜
講師=陣内秀信

第5回 1997年12月1日
ウィーン・ゼツェッションへの眼差し 〜ワグナー、ロース、ホフマン〜
講師=三宅理一

第6回 1997年12月13日
カルロ・スカルパ――謎の素材とディテールを解読する
講師=齋藤裕

会場=TOTOギャラリー・間

東京=1997年9月24日|草月ホール
福岡=1997年9月25日|パピヨン24ガスホール
講師=エットーレ・ソットサス
ゲスト=内田繁

東京=1997年6月11日|建築会館ホール
大阪=1997年6月20日|朝日生命ホール
講師=藤江和子

監修=三宅理一

第1回 1997年4月23日
吉阪隆正
講師=鈴木恂

第2回 1997年4月25日
ヘイッキ・シレン
講師=伊藤大介

第3回 1997年5月14日
リノ・タミとティッチーノ派
講師=赤堀忍

第4回 1997年5月16日
ルイス・バラガン
講師=齋藤裕

第5回 1997年5月21日
ヨーン・ウッツォン
講師=岡部憲明

第6回 1997年5月23日
統括 マージナルモダン再考
講師=三宅理一

会場=TOTOギャラリー・間

1997年4月5日|建築会館ホール

第1部 オスカー・ニーマイヤーによるビデオレクチャー
第2部 ホアン・ニーマイヤー講演
第3部 セッション
パネリスト=ホアン・ニーマイヤー、菊竹清訓、内藤廣、三宅理一

広島=1997年2月13日|広島YMCA国際文化ホール
東京=1997年2月21日|建築会館ホール
講師=シーラカンス

東京=1996年11月22日|イイノホール
札幌=1996年12月6日|かでる2・7ホール
講師=槇文彦

東京=1996年9月11日|建築会館ホール
名古屋=1996年9月12日|今池ガスホール
講師=ニール・ディナーリ

監修=隈研吾、竹山聖

第1回 1996年7月23日
妹島和世×松岡恭子+王大君

第2回 1996年7月24日
小川晋一×シーラカンス

第3回 1996年7月25日
片木篤×團紀彦

第4回 1996年7月26日
阿部仁史×トム・ヘネガン

第5回 1996年7月27日
隈研吾×竹山聖

会場=TOTOギャラリー・間

東京=1996年5月17日|建築会館ホール
大阪=1996年5月30日|朝日生命ホール
講師=牛田英作、キャサリン・フィンドレイ

監修=齋藤裕

第1回 1996年3月21日
オーブ アラップ アンド パートナーズの仕事
講師=ジョン・バチェラ

第2回 1996年3月23日
世界のハイテック・コネクションズ
講師=渡辺邦男、今川憲英

第3回 1996年3月30日
時代を切り拓いた構造
講師=川口衞

第4回 1996年4月6日
古代構造システムからの発見
講師=梅沢良三

第5回 1996年4月13日
膜構造の未来
講師=石井一夫

第6回 1996年4月20日
素材の発見と新しいアプローチ
講師=今川憲英

会場=TOTOギャラリー・間

1996年3月16日|草月ホール

第一部 フェリックス・キャンデラの軌跡(VTR)

第二部 世界の空間構造史とキャンデラ
講師=齋藤裕

第三部 そして、軽やかな空間へ――キャンデラのエッセンスを再解釈する
パネリスト=岡部憲明、齋藤裕、佐々木睦朗、播繁

東京=日本教育会館一ツ橋ホール
福岡=都久志会館
講師=ジャン・ヌーヴェル

札幌=1995年6月16日|かでる2・7ホール
東京=1995年7月11日|建築会館ホール
講師=内藤廣

東京=1995年4月12日|ヤクルトホール
広島=1995年4月14日|広島県民文化センター
講師=チャールズ・コレア

東京=1995年2月16日|建築会館ホール
仙台=1995年3月3日|仙台国際センター
講師=隈研吾

東京=1994年9月10日|草月ホール
北九州=1994年9月13日|北九州国際会議場
講師=サンティアゴ・カラトラヴァ

1994年6月25日|草月ホール
講師=川崎和男

東京=1994年5月12日|建築会館ホール
名古屋=1994年5月26日|今池ガスホール
講師=篠原一男

東京=1994年3月9日|ヤクルトホール
大阪=1994年3月11日|朝日生命ホール
講師=ダニエル・リベスキンド

1994年2月4日|建築会館ホール
講師=池原義郎

東京=1993年10月21日|ヤクルトホール
講師=富田玲子、郭中端

札幌=1993年11月2日|かでる2・7ホール
講師=樋口裕康、佐藤孝秋

東京=1993年9月3日|建築会館ホール
名古屋=1993年10月1日|今池ガスホール
講師=村上徹

東京=1993年6月11日|ヤマハホール
大阪=1993年6月15日|朝日生命ホール
講師=ベルナルド・フォート=ブレッシャー、ローリンダ・スピアー

東京=1993年4月24日|東京都江戸東京博物館ホール
福岡=1993年5月13日|パピヨン24ガスホール
講師=菊竹清訓

東京=1993年3月15日|建築会館ホール
広島=1993年4月13日|広島YMCA国際文化ホール
講師=妹島和世

1993年1月23日|草月ホール
パネリスト=椎名政夫、李慶成、金光鉉
総合司会=松葉一清

東京=1992年9月21日|草月ホール
福岡=1992年9月25日|パピヨン24ガスホール
講師=原広司

東京=1992年7月3日|建築会館ホール
札幌=1992年7月9日|ポールスターホール
講師=鈴木了二

大阪=1992年5月21日|朝日生命ホール
東京=1992年5月22日|建築会館ホール
講師=エリザベス・ディラー、リカルド・スコフィディオ

東京=1992年3月27日|建築会館ホール
広島=1992年4月9日|広島YMCA国際文化ホール
講師=團紀彦

仙台=テーマ「地域文化としての建築」|1992年2月5日|仙台市戦災復興記念館
パネリスト=武者英二、平良敬一、末吉栄三、山田晴義

東京=テーマ「新風土主義の地平」|1992年2月7日|建築会館ホール
パネリスト=武者英二、平良敬一、松葉一清、真喜志好一

1991年11月8日|草月ホール
講師=三宅理一、エットレ・ソットサス、内田繁、小池一子

東京=1991年9月18日|ヤクルトホール
札幌=1991年9月20日|共済ホール
講師=クリスチャン・ド・ポルザンパルク

東京=1991年7月11日|建築会館ホール
広島=1991年7月19日|広島YMCA国際文化ホール
講師=山本理顕

1991年5月22日|建築会館ホール
講師=吉村順三、中村好文、藤森照信、宮脇檀、六角鬼丈

東京=1991年4月5日|イイノホール
名古屋=1991年4月8日|今池ガスホール
講師=ガエターノ・ペッシェ

東京=1991年2月22日|銀座ガスホール
沖縄=1991年3月4日|沖縄コンベンションセンター
講師=黒川紀章

東京=1990年11月29日|銀座ガスホール
大阪=1990年11月30日|朝日生命ホール
講師=北河原温

東京=1990年10月19日|建築会館ホール
仙台=1990年10月29日|仙台市戦災復興記念館
講師=阪田誠造

東京=1990年6月25日|有楽町朝日ホール
広島=1990年6月27日|広島県民文化センター
講師=トム・メイン

札幌=1990年3月29日|道新ホール
講師=内田繁、植田実

東京=1990年4月6日|草月ホール
講師=内田繁、沖健次

東京=1990年2月17日|建築会館ホール
熊本=1990年3月8日|熊本郵便貯金ホール
講師=宮本忠長

東京=1989年10月13日|有楽町朝日ホール
名古屋=1989年10月17日|今池ガスホール
講師=バーナード・チュミ

東京=1989年9月11日|建築会館ホール
広島=1989年9月14日|広島YMCA国際文化ホール
講師=竹山聖

東京=1989年6月16日|有楽町朝日ホール
札幌=1989年6月19日|道新ホール
講師=安藤忠雄

東京=1989年5月9日|建築会館ホール

セッション1「東洋的都市像への視座」
金琪碩(キム・ギーソク)、相田武文、金仁喆(キム・インチョル)
司会=植田実

セッション2「メトロポリスの都市文法」
趙成龍(チョー・ソンヨン)、早川邦彦、崔在銀(チェ・ジェウン)
司会=三宅理一

統括対談
金晶東(キム・チョドン)、植田実

大阪=1989年5月12日|テイジンホール

朝鮮通信使と外交都市
三宅理一

ソウルの外国人建築家
金晶東(キム・チョドン)

天皇制国家の都市原理
藤森照信

司会=植田実

東京=1989年3月28日|建築会館ホール
京都=1989年4月7日|京都山一ホール
講師=長谷川逸子

東京=1989年1月18日|銀座ガスホール
高松=1989年2月6日|香川県教育会館ミューズホール
講師=木島安史

東京=1988年11月17日|銀座ガスホール
金沢=1988年11月21日|石川県文教会館
講師=六角鬼丈

東京=1988年10月12日|ヤクルトホール
大阪=1988年10月14日|テイジンホール
講師=レム・コールハース

東京=1988年9月6日|建築会館ホール
広島=1988年9月13日|広島YMCA国際文化ホール
講師=出江寛

東京=1988年6月16日|銀座ガスホール
仙台=1988年6月21日|斎藤報恩会館
講師=鈴木エドワード

東京=1988年2月9日|建築会館ホール
沖縄=1988年2月16日|R·B·Cホール
講師=毛綱毅曠

東京=1988年1月19日|東邦生命ホール
大阪=1988年1月21日|クリスタルホール
パネリスト=石井和紘、黒川雅之、杉本貴志、田中一光
司会=長谷川愛子

東京=1987年10月15日|東商ホール
福岡=1987年10月19日|大博多ホール
講師=ヴィットリオ・グレゴッティ

東京=1987年9月22日|建築会館ホール
名古屋=1987年9月29日|愛知県婦人文化会館
講師=相田武文

東京=1987年4月23日|銀座ガスホール
沖縄=1987年5月14日|R·B·Cホール
講師=葉祥栄

東京=1987年3月11日|建築会館ホール
札幌=1987年4月8日|札幌市教育文化会館ホール
講師=高松伸

広島=1986年11月20日|広島YMCA国際文化ホール
講師=伊東豊雄

東京=1986年10月8日|有楽町朝日ホール
大阪=1986年10月13日|朝日生命ホール
講師=ヘルムート・ヤーン

東京=1986年7月8日|建築会館ホール
札幌=1986年7月10日|札幌会館ホール
講師=早川邦彦

東京=1986年6月11日|建築会館ホール
福岡=1986年6月17日|大博多ホール
講師=石山修武

東京=1986年2月20日|建築会館ホール
大阪=1986年3月11日|テイジンホール
講師=石井和紘

東京=1985年10月24日|建築会館ホール
大阪=1985年10月29日|テイジンホール
講師=フランク O. ゲーリィ