Home > TOTOについて > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧へ戻る
〜日本の産業の可能性を「家」に集約した展覧会〜

「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」に出展

新進気鋭の建築家ユニット、成瀬・猪熊建築設計事務所とコラボレーション
サントリーミドリエ×東信氏が壁面緑化をプロデュース
ビクターエンタテインメントによる最新の音響設備を採用

2013年2月14日

TOTOとYKK APは、東京・江東区青海で2013年3月2日(土)から24日(日)まで開催される、「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」に出展します。
新進気鋭の建築家ユニット、成瀬・猪熊建築設計事務所が展示空間デザインを担当。
東信(あずままこと)氏のディレクションでサントリーミドリエ社が壁面緑化をプロデュース、さらにビクターエンタテインメント社の最新鋭のハイレゾ音源を使用した空間音響デザイン「KooNe(クーネ)」を採用。日常を忘れた時間を過ごせるひとりのための空間、「極上の間」を展示します。

「HOUSE VISION」とは、原研哉氏(日本デザインセンター代表/デザインディレクター/武蔵野美術大学教授)が中心となり、建築家やクリエイターと、エネルギー、移動、通信、不動産、複合家電、住宅設備、医療、家事、宅配などさまざまな産業に関連する企業が参画し、住宅関連市場を本格的に掘り起こしていく活動です。
この展覧会では、面積14,441m2 の会場に、さまざまな分野を横断する新しい日本の産業の可能性を集約した「家」を展示。
約6万人の来場を見込んでいます。




『HOUSE VISION』 公式サイト



ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。

ニュースリリース全文DL   (PDF/331KB)
高解像度画像   (LZH 圧縮データ/310KB)

以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。


ページ先頭へ