Home > TOTOについて > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧へ戻る
建築は誰のために、そして何のためにつくるのか?

『ここに、建築は、可能か』
刊行のご案内

2013年1月17日

TOTO出版は、『ここに、建築は、可能か』を2013年1月22日に発行します。

本書は、第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2012年8月29日〜11月25日)において金獅子賞を受賞した日本館の展示記録であり、また同時に岩手県陸前高田市で建設が進められた「みんなの家」が完成するまでの記録集です。

ここに、建築は、可能か?――陸前高田に「みんなの家」を建てるというプロジェクトを通して、同展のコミッショナーを務めた伊東豊雄氏より提示されたテーマと向き合った3人の建築家・乾久美子氏、藤本壮介氏、平田晃久氏が導きだしたものは何だったのか。

現地を訪れ、仮設住宅で暮らす人びとと交流することによる発見、伊東氏をはじめとするメンバーとの議論の中から共有されていったことなど、3人による協同設計のプロセスを、その過程でつくられた百数十という模型やスケッチ、そして同市出身の写真家・畠山直哉氏によって撮影された被災後の陸前高田とそこに「みんなの家」が立ち上がっていく様子をとらえた写真で紹介します。
また、ヴェネチア・ビエンナーレの前後に行われた2回の座談会でも、その試行錯誤の過程が語られています。

今改めて、建築家の職能を、そして建築の意味を問う一冊となっています。

【書名】
ここに、建築は、可能か
【著者】
伊東豊雄、乾 久美子、藤本壮介、 平田晃久、畠山直哉
【アートディレクション&デザイン】
中島英樹
【定価】
2,310円(本体=2,200円+税)
【発行年月日】
2013年1月22日
【体裁】
B5判変型(210×168mm)、並製、184頁、和英併記
【ISBN】
978-4-88706-331-0

ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。

ニュースリリース全文DL   (PDF/468KB)

以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ