最近の団体の活動の様子をピックアップし、掲載しています。
アルマー島における持続可能なマングローブ林形成プロジェクト
活動日:2020年6月18日(木)
主催団体:ハロハロ
活動地域:フィリピン共和国ボホール州
環境への意識啓発と沿岸環境の保全のため、マングローブの植樹を行っています。植樹には、アルマー島の村長や近隣諸島の青年会などが参加しました。マングローブを通して、地域の人々の生命線でもある豊かな海を守っていきます。
美しい下手賀沼の景観復活! ~ 持続可能な農業体験講習会
活動日:2020年6月15日(月)
主催団体:しろい環境塾
活動地域:千葉県白井市
農家の高齢化などにより耕作放棄地となった田畑が荒れるのを防ぐため、麦の栽培講習会を開催しています。緊急事態宣言解除後の6月は、少人数での活動とし、昨年の秋から無農薬で栽培している麦の刈り入れと脱穀を行いました。
インド干ばつ地域での飲料水確保のための井戸再生事業
活動日:2020年5月~6月
主催団体:ICA文化事業協会
活動地域:インド共和国マディヤ・プラデーシュ州
近年の気候変動の影響から地下水量が減少したことにより、使用できなくなった古井戸の再生をしています。雨期に入る前から井戸の調査を行い、6月に工事を開始しました。雨期の間は一旦工事を中断し、雨期明けに再開する予定です。(写真は、古井戸からゴミや泥などを除去する様子)
渡良瀬遊水地の環境保全再生
活動日:2020年3月21日(土)
主催団体:わたらせ未来基金
活動地域:栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県
外来例物の除去やヨシ刈り、ヨシ焼きなど、渡良瀬遊水地の湿地保全・再生に継続して取り組んでいます。今年も、豊かな自然を守り、未来に伝えるために大切な役割を担っているヨシ焼きが実施されました。
水と緑の美化プロジェクト
活動日:2020年2月23日(日)
主催団体:東朽網校区まちづくり協議会
活動地域:福岡県北九州市
東朽網の豊かな自然を活かして、大人から子どもまで一緒に学ぶ体験型学習や環境保全活動を実施しています。今回は、千本桜の名で有名な昭和池沿道の清掃作業と植樹活動を行い、TOTOグループから20人が参加しました。
東日本大震災の津波被害により枯れてしまった防災林の再生
活動日:2020年2月16日(日)
主催団体:森のライフスタイル研究所
活動地域:千葉県山武市
2011年の津波による塩害によって失われた九十九里浜の防災林を蘇らせるために、2012年度から植林を続けています。これまでの活動で6.2ヘクタールを復興させ、今回で植樹作業を完了しました。今後は、苗木周辺の下草刈りを中心に行っていきます。
生きもの、子ども、自然が元気な中津干潟みらいづくり活動
活動日:2019年12月1日(日)
主催団体:水辺に遊ぶ会
活動地域:大分県中津市
今年度3回目となるビーチクリーンを大新田海岸で行いました。TOTOグループからは96名が参加し、海洋漂着物や不法投棄物など、320kgのゴミを回収しました。
田んぼのある里山「ほたる野」を心の故郷に!~親⼦餅つき⼤会
活動日:2019年11月30日(土)
主催団体:ほたる野を守るNORAの会
活動地域:千葉県習志野市
NORAの会では、自然環境を次世代に引き継いでいくため、親子や小学生向けに米作り体験を実施しています。今回は、9月に収穫した餅米で餅つきを行い、TOTOグループから8人が参加しました。
八王子市上川の里 森と水のつながり実感プロジェクト
活動日:2019年10月6日(日)
主催団体:森のライフスタイル研究所
活動地域:東京都八王子市
かつては数十枚の棚田も有した里山で、その再生活動に取り組んでいます。今回は、稲刈りを実施し、TOTOグループから15人が参加しました。
Share

CLOSE