「クリエイティブワーカーの聖地」をコンセプトとする渋谷ストリームはオフィス・ホテル・ホール・商業施設からなる、大規模複合施設。駅中心地区から渋谷全域への波及効果を促進し、世界に開かれた生活文化発信拠点を目指している。

建築概要

所在地 東京都渋谷区渋谷3-21-3
施主 東急株式会社
設計 株式会社東急設計コンサルタント
<オフィスロビー>サポーズデザインオフィス
施工 渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体
(東急建設株式会社・株式会社大林組)
敷地面積 7,109.93㎡
建築面積 6,325.12㎡
延床面積 115,988.21㎡
階数 地上35階、地下4階
構造 鉄骨造
竣工年月 2018年8月

特長

建物の特徴

東急東横線の地下化に伴い、線路跡地を中心に開発された渋谷ストリームは、国際競争力を高める都市機能となるクリエイティブ・コンテンツ産業への配慮を目的とし、オフィス、ホールのほか、商業ゾーンやホテルなどで構成された大規模複合施設。また、東急東横線の記憶を表現した官民連携による遊歩道整備と、渋谷川再生により、多層な歩行者ネットワークを形成。駅中心地区から渋谷全域への波及効果を促進し、世界に開かれた生活文化発信拠点を目指している。

トイレの特長

ビジネスとして、エンターテイメントとして多種多様なイベントが行われるホールのトイレは、あらゆる来場者の方々に満足いただくため、白を基調とした艶感を出し、上質な空間を演出。オフィスビルの顔として個性を出したロビー階トイレのコンセプトは「ラフラグジュアリー」。基準階トイレのコンセプトは「シンプルモダン」とし、女性トイレはモザイクタイル、男性トイレは縦ラインのデザインをアクセントに加えた。クリエイティブ・コンテンツ産業の集積地への配慮として内勤者が多く想定されることから、大便器ブースを比較的多めに設置するなど、東急電鉄のノウハウが生かされた設計となっている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE