豊川市では、2016年度から5年計画で改修工事を実施。災害時の対策とともに性的マイノリティへの対応を視野に入れ、共通のトイレ入口から、みんなのトイレや男女共用トイレ、小便器ブースなど自分の使いたいトイレを選べるように配慮している。

建築概要

所在地 愛知県豊川市東豊町4-60
施主 豊川市
設計 株式会社 CREBLE
施工 有限会社 花田工務店
竣工年月 (改修)2018年10月

特長

トイレの特長

豊川市では、2016年度から5年計画で、小中学校トイレにおける便器の洋式化率70%以上を目指し、改修工事を実施。災害時の対策とともに性的マイノリティへの対応も視野に入れ、各校において「みんなのトイレ」の設置も進めている。同方針に則り、「豊小学校」では、保健室に隣接した位置に、みんなのトイレ・男女共用トイレ・小便器ブースを設置。共通の入口を入った先で、自分の使いたいトイレを選べるように配慮している。ブースごとに異なる絵柄の壁紙が、やさしい印象の空間を演出している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE