近江八幡市立馬淵小学校

お気に入りに追加

近江八幡市では教育の場の環境改善を目的として、公立の小中学校のトイレ改修を計画的に実施。「馬淵小学校」は、トイレ改修プロジェクトの第5号にあたる。大阪市立大学の大学院生の協力のもと、児童参加型のトイレづくりを実施し、個性光るトイレが実現した。

建築概要

所在地 滋賀県近江八幡市馬淵町1533
施主 近江八幡市
設計 株式会社 込山建築設計事務所
施工 有限会社 宮下建装
竣工年月 (改修)2018年9月

特長

改修の経緯

近江八幡市では教育の場の環境改善を図るために、市内の小中学校のトイレ改修を計画的に実施。「馬淵小学校」は、その市内小学校トイレ改修プロジェクトの第5号にあたる。先行した桐原東小学校、北里小学校、八幡小学校、武佐小学校と同様に、大阪市立大学の大学院生の協力のもと、児童参加型のトイレづくりを実施。小規模校の利点を生かして、全児童が参加する計5回のワークショップを開催し、個性光るトイレが実現した。

トイレの特長

児童たちの意見からトイレ全体で「自然」を表現することとし、1Fは「水辺」、2Fは「陸」、3Fは「空」と個別テーマを設定した。各テーマを表現した空間には、全児童が参加して制作したモザイクタイルなどがあしらわれ、児童たちの思いを形にしたトイレとなっている。また、男子トイレと女子トイレの間仕切り壁の位置を変えるなど、限られたスペースの中で工夫を凝らし、大便器の全洋式化を実現。床は乾式化により清掃性と衛生面に配慮している。

学校関係者の声

「今日は3回入ったよ」「トイレ掃除がやりたい」という児童の声。全校児童が参加し、自分たちの作品が飾られているトイレは、大きな好評を得ている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE