茶屋高浜保育園/病児病後児保育室すや・すや

お気に入りに追加

芦屋市に開設された社会福祉複合施設「高浜町ライフサポートステーション」の施設従業員のための企業主導型保育園。施設1Fに位置し、従業員だけでなく地域のお子さまも利用することが可能。また、病児病後児保育室「すや・すや」も併設している。

建築概要

所在地 兵庫県芦屋市高浜町1-7
施主 社会福祉法人山の子会
設計 株式会社山田綜合設計
施工 株式会社中道組
竣工年月 2018年10月

特長

建物の特徴

「茶屋高浜保育園」は、芦屋市に開設された社会福祉複合施設「高浜町ライフサポートステーション」の施設従業員のための企業主導型保育園である。0歳児から5歳児までを対象とし、定員は52名。施設1Fに位置し、従業員だけでなく、地域のお子さまも利用することができる。また、病児病後児保育室「すや・すや」が隣接。ここでは、風邪や下痢、感染症などにかかった際、病気中のお子様(病児)と病気が治りかけた回復期のお子様(病後児)を、体調や状態にあわせ保育士と看護師が世話をし、専用保育室で一時的に預かることができる。さらに、乳幼児を持つ保護者が、授乳やおむつ替えのために気軽に立ち寄ることができる「赤ちゃんの駅」も備えている。

水まわりの特長

園児用のトイレは1ヶ所に集約。1-2歳児、3-5歳児向けの幼児用大便器を設置、さらに幼児用小便器を高さ違いで設置するなど、園児の成長、発達に応じて、幅広く使えるよう配慮、工夫している。職員用・調理師用・病児病後児保育室のトイレは、すべてパブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式を設置。大洗浄4.8L、小洗浄3.6Lで、節水化を図っている。また、すべての大便器にウォシュレットを採用し、快適性を向上させている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE