大阪難波駅は、伊勢志摩など近鉄沿線への旅の出発点であるとともに、観光需要の高まる大阪「ミナミ」の玄関口。ターミナル駅としての機能向上のため、駅ナカ商業施設とあわせて駅施設のリニューアルを行った。

建築概要

所在地 大阪府大阪市中央区難波4丁目1-17
施主 近畿日本鉄道株式会社
設計 株式会社大林組
施工 株式会社大林組
竣工年月 2019年2月

特長

改修の経緯

「大阪難波駅」は、伊勢志摩など近鉄沿線への旅の出発点であるとともに、観光需要が高まる大阪「ミナミ」の玄関口である。ターミナル駅としての機能向上のため、駅ナカ商業施設「Time's Place 難波」とあわせて駅施設のリニューアルを実施。 旅客トイレは、東西に2ヶ所ある改札口正面にそれぞれ配置されていたが、ともに老朽化が進んでおり、東トイレが慢性的に混雑、また入口に高低差があるといった問題を抱えていた。これらを解決するために、この2ヶ所のトイレを駅中央部へ移転・統合し、設備を拡充することで、近鉄屈指のターミナル駅にふさわしい快適なトイレに生まれ変わった。

トイレの特長

内装デザインについては、日本・関西への旅への出発駅として「和」「日本らしさ」のイメージを、「都会的・現代的」に表現。全体をモノトーンにまとめることで、これまでのトイレデザインとの差別化を図っている。また、男女ともに段差がなくひろびろとした空間とし、洋式化、便座クリーナーを設置。さらに、ベビーチェアやフィッテイングボードなどを多く設置することで、各ブースの機能を充実させている。各男女トイレともに、車いす対応可能な広いブースを1ブースずつ設置するなど機能分散を図り、多機能トイレの利用集中を緩和。さまざまなお客様にとって使いやすいトイレを実現した。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE