白山市立北辰中学校

お気に入りに追加

石川県白山市は、「子供たちのために優先的に予算を使って教育環境を整えよう」と耐震補強の工事の済んでいない学校から、順次改修を推進。このたび、当校の順番となり改修を実施。清潔感あふれる空間をコンセプトに、便器は全洋式化、床は乾式化が実現した。

建築概要

所在地 石川県白山市日向町口24番地2
施主 白山市
設計 北国コンサルタント
施工 荒木空調工業株式会社・ホクレイ株式会社JV
竣工年月 (改修) 2017年9月

特長

改修の経緯

石川県白山市は、「子供たちのために優先的に予算を使って教育環境を整えよう」と耐震補強の工事が済んでいない学校から、順次改修を推進。「白山市立北辰中学校」は、耐震性が確保されていたため、トイレも創立当時のままで30年以上大きな改修がされていなかった。改修前は、各フロアに男子・女子の洋式便器が各1つのみで、ほかはすべて和式便器。さらに床は湿式のタイルであり、掃除をしてもにおいが取れないなど、生徒や職員から改修を望む声があがっていた。このたび、改修の順番となり、清潔感あふれる空間をコンセプトに、便器は全洋式化、床は乾式化が実現した。

トイレの特長

トイレ器具や資材は、メンテナンス性や使い勝手の良さ、安全性の高さを重視。大便器は、和式便器をすべて洋式化し、異物を取り出しやすい掃除口付きタイプを採用。便座は、生徒たちが家庭でも使い慣れているウォシュレットを設置した。改修にあたっては市から、再生水対応、省スペース対応、女性職員用トイレへの配慮要望があり、それに対応し、パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式や高さ抑えたハーフベッセル式洗面器を採用、さらに女性職員用トイレには、フィッティングボードや書類置き棚を設置。生徒のみならず、先生方にも満足度が極めて高いトイレに生まれ変わった。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE