年間約50万人が来訪する「国営越後丘陵公園」は、年間を通じてファミリー層の利用が多く、季節やイベントにより様々な来園者が訪れる。ゴールデンウィークや長岡まつり花火大会、大規模野外コンサートなどの大型イベントがあるときは特に混雑するため、開園20周年を機に、入園口に近くの利用者が集中するトイレを改修した。

建築概要

所在地 新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950番1
施主 国営越後丘陵公園事務所
設計 株式会社 綜企画設計
施工 株式会社大石組
竣工年月 (改修)2018年3月

特長

改修の経緯

新潟県長岡市の西方に位置する「国営越後丘陵公園」は、年間約50万人が来訪する国営公園。 「天に学び、地に遊び、人と集う、越の里」をテーマに、自然環境を保全しつつ、人と自然のふれあいの場を提供している。来園者は、年間を通じてファミリー層が多く、特に、ゴールデンウィークや長岡まつり花火大会、大規模野外コンサートなどの大型イベント開催時は、さまざまな来園者で園内が賑わっている。そのため、開園20周年を迎える2018年に、来園者が集中しやすいウェルカムゲート近くのトイレ改修を実施した。

トイレの特長

和式便器をすべて洋式便器に変更すると共に、混雑緩和のためにブースを増設。さまざまな利用者が集中していた多機能トイレへの利用分散を狙い、増設したブースにベビーシートやフィッティングボードを設置し、ひろびろブースとした。また、すべてのブースにウォシュレット、手すり、ベビーチェアを採用。さらに、ブースの仕切りを天井まで立ち上げ防犯面に配慮している。多機能トイレには、オストメイト対応トイレパックや収納式多目的シートを追加し、より幅広い来園者に対応できるトイレとした。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE