福岡県吉富町では、「よしこい!吉富」のフレーズのもと、特に「女子力高めのまち」として女性集客を目指し、その一環として「女性目線」を意識したトイレづくりを実施。立地が駅前のため、この建物の前を通る方も多いことから、暗い夜道にならないよう、建物の下部には間接照明を設置し、防犯面においても、細やかな女性配慮がされている。

建築概要

所在地 福岡県築上郡吉富町広津351-2
施主 吉富町
設計 国際航業株式会社
施工 岡上建設株式会社
竣工年月 2018年8月

特長

建物の特徴

福岡県築上郡吉富町は、JR吉富駅前に、観光などの情報発信の拠点となる「インフォメーションセンター」を2018年8月に竣工した。吉富町では九州で最も小さな町であることを逆手に取り、豊かな歴史・文化、人のやさしさをPR。「よしこい!吉富」のフレーズのもと、特に「女子力高めのまち」として女性集客を目指しており、その一環として同施設では、「女性目線」を意識したトイレづくりを行った。建物全体は、広場の木の周りに自然と人が集まることをイメージした「集まる木」がコンセプト。外観には木のデザインをあしらい、トイレ内も木目調で統一感を図っている。立地が駅前のため、通勤通学でこの建物の前を通る方も多いことから、トイレは施設利用者以外でも使用できるよう外部に入口を設置。また暗い夜道にならないよう、建物の下部には間接照明を設置。防犯面においても、細やかな女性配慮がされている。

トイレの特長

曲線のブース扉やデザイン性の高いベッセル式のオーバル洗面器を設置し、曲線を生かすことで、空間にやわらかい印象を演出している。また、ブース壁面の内装に、「春夏秋冬」をイメージした季節の色あいを表現した小倉織を採用するなど、地域の歴史や文化の趣を感じさせる意匠にもこだわった。施設完成以前は駅のトイレしかなかったこともあり、オープン当初から、女性利用者から好評を博している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE