YKK AP東北製造所 ガラス棟

お気に入りに追加
  • 工場
  • その他の検索条件を見る

「YKK AP東北製造所」は、住宅用建材をはじめ、樹脂窓などを生産する工場。創設より44年目を迎え、建物全体的に老朽化が進んでいた。社員アンケートにて「トイレを全体的にキレイにしてほしい」と要望が出ていたため、「和洋リモデル工法」を用いてすべて洋式便器へ改修。女性社員から「行くのが楽しいトイレになった」と喜びの声が挙がっている。

建築概要

所在地 宮城県大崎市三本木字吉田1
施主 YKK AP株式会社 東北製造所
設計 株式会社東北リファイメント
施工 株式会社東北リファイメント
竣工年月 (改修)2018年5月

特長

改修の経緯

1974(昭和49)年、宮城県大崎市三本木にYKK AP東北製造所を創設。敷地総面積736,750平米の広い敷地には、住宅用建材をはじめ、エクステリア商品、エントランス商品、木質インテリア建材、複層ガラス、ビル建材、樹脂窓を生産する工場が建っている。今年で44年目を迎え、建物全体的に老朽化が進んでいた。YKK AP東北製造所では、福利厚生の向上のために毎年テーマを設けて社員にアンケートを実施している。18年度のテーマはトイレだったため、擬音装置の設置や和式便器から洋式便器への入れ替え、全体的にキレイにしてほしいなどの要望が出ていた。

トイレの特長

改修前は男女とも空間が暗く、洋式便器は男女各1ヶ所のみ設置。女性トイレには擬音装置もなく不便を感じていたが、今回和洋リモデル工法を用いてすべて洋式便器へ改修を実施、擬音装置も設置した。また、この改修を機に清掃方法を湿式清掃から乾式清掃に変更し、臭いの軽減がはかれた。これまで「行くのが辛かったトイレ」が「行くのが楽しいトイレになった」と女性社員から喜びの声が挙がっている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE