「甲子園学院」は幼稚園から大学院までを擁する総合学園。小学校の校舎は築34年経過しており、多機能トイレなどの設備がなかったため、春休みを利用しトイレ改修を実施。改修されたトイレは、児童・保護者から評価が高く、未改修のトイレについても夏休み期間中に改修を予定している。

建築概要

所在地 兵庫県西宮市天道町10-15
施主 学校法人甲子園学院
設計 クウケン株式会社
施工 クウケン株式会社
竣工年月 (改修) 2018年4月

特長

改修の経緯

甲子園学院は1941(昭和16 )年に創立。現在では幼稚園から大学院までを擁する総合学園である。小学校は1951(昭和26)年に開校。現在の校舎昭和59年に建てられたもので築34年経過しており、多機能トイレなどの設備がなく、春休みに時代を反映したトイレ改修を実施した。

トイレの特長

春休みを利用した短期間での作業のため、できる限り既存壁を活用し改修を実施。既存レイアウトを大きく変更することなく、車いす対応の多機能トイレを、男女トイレ両方に配置している。すべての大便器には、洗練されたスリムボディに「便器きれい」や「ノズルきれい」の機能が搭載されたアプリコットPを設置し、快適性と清掃性に配慮。また今回のトイレ改修は低学年のフロアのため、洗面は高さを違えて設置している。改修されたトイレは、児童・保護者から評価が高く、未改修のトイレも同性能のものを夏休み期間中に設置を予定している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE