「京都光華女子大学」は、同一敷地内に幼稚園から大学・短期大学部を擁する一貫教育校。今回の改修工事では、1号館4Fのすべてを一般講義室にし、今までなかったトイレを新設。女性職員の意見を取り入れ、パウダーコーナー、フィッティングボードなどの女性配慮を充実させ、明るく清潔感溢れる空間が実現されている。

建築概要

所在地 京都府京都市右京区西京極葛野町39
施主 学校法人光華女子学園
設計 株式会社T&Y工務店
施工 株式会社T&Y工務店
竣工年月 2017年9月

特長

改修の経緯

1939(昭和14)年に設立された光華女子学園を母体に、1964(昭和39)年に開設された「京都光華女子大学」。同一敷地内に幼稚園から大学・短期大学部を擁する一貫教育を実施。こども教育学部など4学部7学科を擁し、仏教精神に基づく女子教育を建学の精神としている。今回の改修工事では、1号館4Fをすべて一般講義室へ改修。もともと4Fはトイレがなく、講義室改修に伴い学生利用が増えたことを契機に、学生からトイレ設置の要望があがったこともあり、既存倉庫スペースを改修してトイレを新設した。

トイレの特長

学園敷地内の新校舎のトイレには最新設備が整えられている中、1号館のトイレは、今まで器具交換のみの改修であった。4Fトイレは新設ということもあり、女性職員の要望を反映し、明るく清潔感のある空間を実現。便器や手洗器、照明といった器具は、省エネ効果の高い商品を選定。他階にないウォシュレットも採用。照明付き鏡を設置したパウダーコーナー、着替え・荷物置きスペースに使用できるフィッティングボードなど、随所に女性配慮を充実。内装は女性らしい清潔感にあふれた白を基調としており、大便器ブースに木目、洗面・パウダーコーナーにタイルと、用途別に異なる壁材が、トイレ空間のアクセントとなっている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE