「大阪芸術大学」は、美術系学部と音楽系学部が同一キャンパスに存在し、西日本において最大規模を誇る私立総合芸術大学。 今回改修した3号館は、主として、女子学生の多く在籍する音楽関連学科の学生が利用するため、色・素材にこだわり、明るさとやわらかさが実現された空間となっている。

建築概要

所在地 大阪府南河内郡河南町東山469
施主 学校法人塚本学院
設計 大成建設株式会社 関西支店 一級建築士事務所
施工 大成建設株式会社
竣工年月 (改修)2017年3月

特長

改修の経緯

大阪芸術大学は、1964(昭和39)年開学。美術系と音楽系が同一キャンパスに存在し、西日本における私立総合芸術大学として最大規模を誇る。 美術学科など15学科を擁し、芸術の森と呼ばれる緑豊かな丘陵にある広大なキャンパスには、教室棟のほかに芸術情報センターや全国屈指の設備が備えられた芸術劇場など、最先端の施設が充実している。今回は「3号館の3F・4Fトイレ」の改修工事を実施。主に女子学生の多い音楽関連学科学生たちが利用する学舎のため、特に女性配慮に注力、明るくやわらかな印象のトイレ空間を実現した。

トイレの特長

改修前の老朽化がみられたトイレを、色・素材にこだわって造られた空間は、明るさとやわらかさを実現。変形空間を活かした女性トイレは、混雑緩和に配慮し、洗面スペースとパウダーコーナーを分けて配置。新設されたパウダースペースは、身繕いに配慮し、カウンターの奥行き、コンセントなど細部にまで配慮されている。大便器ブースには、着替えや大きな荷物置き場として利用できるフィッティングボードを設置。男性トイレは、シンプルなデザインと節水機能を両立する壁掛小便器を採用。コンパクトな空間ながら、荷物や身だしなみを整えるための配慮がなされている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE