豊島区は、全区立小中学校のトイレを快適なトイレに改修する「学校トイレ緊急改善推進事業」を推進。なかでも当校は、建物の老朽化が目立ち、特にトイレは強烈なにおいが発生、緊急な改修を要していた。改修後は、すべてのブースに洋式便器とウォシュレットを設置し、清掃は、衛生面に配慮して乾式清掃を採用している。

建築概要

所在地 東京都豊島区南大塚3-18-1
施主 豊島区
設計 株式会社茜設計
施工 <建築>坂本建設株式会社
<設備>初見建設工業株式会社
<電気>吉田電設株式会社
竣工年月 (改修)2016年11月

特長

改修の経緯

豊島区では、平成28年度から3年間で全区立小中学校のトイレを衛生的で安心できる快適なトイレに改修する「学校トイレ緊急改善推進事業」を推進。「和式便器を洋式便器に変更する」「衛生的な乾式床」「自動照明」「男女共通の入り口を別々の入り口にする」といった指針に基づき改修を推進している。創立70年以上の歴史を持つ西巣鴨中学校では、建物の老朽化が目立ち、特にトイレは強烈なにおい発生の問題もあり、緊急な改修を要していた。

トイレの特長

トイレは、フロアごとに男女別に配置。すべてのブースに洋式便器とウォシュレットが設置されている。トイレの維持は、用務主事による管理だけでなく、毎放課後に生徒が当番制で清掃を実施したり、保健給食委員会の生徒が定期的にトイレットペーパーの点検補充を行なうなど、生徒主体となり参画。改修後の清掃方法は、衛生面に配慮して乾式清掃を採用している。

校長先生からのコメント

これまで常に問題となっていた、トイレのにおいや詰まりや清掃など、トイレに関する心配事がトイレ改修によりなくなった。トイレを敬遠していた子供たちも、改修後は、気後れなくトイレを利用している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE