近江八幡市立八幡小学校

お気に入りに追加

近江八幡市で最も歴史のある小学校。改修では、楽しみながら使用できるトイレを目指し、児童参加型のトイレづくりを推進。各トイレにコンセプトを設け、自由な発想が生かされた、オリジナリティあふれるトイレが完成。児童からは「トイレに行くのが楽しい」などの声があがり、好評を博している。

建築概要

所在地 滋賀県近江八幡市本町五丁目5番地
施主 近江八幡市教育委員会
設計 株式会社中田設計
施工 株式会社藤田工務店
竣工年月 (改修)2016年11月

特長

改修の経緯

近江八幡市では教育の場の環境改善を図るために、市内の小中学校のトイレ改修を推進。中学校のトイレ改修は、2014年度に完了した。八幡小学校は、創立140年を超える市内で最も歴史のある伝統校であり、今回の改修は、市内小学校トイレ改修プロジェクトの第3号にあたる。先行した桐原東小学校、北里小学校と同様に、児童参加型のトイレづくりが進められ、大阪市立大学の大学院生と子どもたちによるワークショップを中心に、自由な発想が生かされた。子どもたちの意見や要望を取り入れながら、関係者全員の想いが詰まったオリジナリティ溢れるトイレが完成した。

トイレの特長

限られたスペース、かつ改修前と同数の器具数確保という条件下において、楽しみながら使用できるトイレを目指し、また下級生の児童にきれいな状態を保持したまま伝承していくために、大切に使っていけるようさまざまな工夫が盛り込まれた。6ヶ所のトイレそれぞれにオリジナリティが光るコンセプトを設け、レイアウトや内装、設えに変化を持たせた仕様となっている。利用する児童からは「前はトイレに行くのを我慢していたけれど、トイレに行く回数が増えた」「トイレに行くのが楽しい」などの声があがっており、積極的にトイレ掃除も行われ、同時に保護者からも好評を博している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE