共用部を含めたリノベーションを夏休みに実施。課題であったトイレのにおいの発生を解消するため、原因である和式便器を洋式便器に変更し、すべての洋式便器にウォシュレットを設置して快適性にも配慮した。各トイレごとに設置したベンチは、生徒達のコミュニケーションの場となっている。

建築概要

所在地 東京都港区芝4-1-30
施主 学校法人 東京女子学園
企画設計 株式会社東急設計コンサルタント
実施設計 東急建設株式会社
TOTOエンジニアリング株式会社
施工 東急建設株式会社
TOTOエンジニアリング株式会社
竣工年月 (改修)2016年9月

特長

改修の経緯

建物の水まわりの機能更新と、一部特別教室の移動を利用して、共用部を含めたリノベーションを夏休みに行った。コンセプトは「都市の中にある"中庭のような場所"」。共用部だけでなく、トイレ入り口付近にナカニワWallと呼ばれるベンチや植物の置ける棚を設置することで、生徒達のコミュニケーションがはかりやすいよう配慮されている。

トイレ(水まわり)の特長

改修前はトイレのにおいが課題であったが、TOTOテクニカルセンターでにおいの原因が和式便器にあることを知り、利用者の使い勝手と清掃性に配慮したフチなしタイプの洋式便器に改修することにした。またウォシュレットも全器具に設置し、生徒だけでなく保護者や来賓の方への配慮としている。 洗面まわりにおいては、衛生面・環境面に配慮して自動水栓とオートソープを採用。感染症対策にもなっている。今回新たに設置した身繕いコーナーは、視線に配慮した個別鏡を採用。丸型タイプにすることで、空間のアクセントとした。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE