「ヒルトップ'78」は、豊かな自然に囲まれ、広大な中央大学多摩キャンパスの敷地内、4階建て一棟丸ごとの規模で日本最大級の学食棟。トイレの老朽化が進み、和式便器が多く使いづらいことから、すべての便器を洋式化。学生たちのくつろぎの場にふさわしく、時代に即したトイレを実現した。

建築概要

所在地 東京都八王子市東中野742-1
施主 中央大学
設計 株式会社日立建設設計
施工 株式会社九電工(学食棟「ヒルトップ’78」トイレ)
株式会社三浦組(2号館2F女性トイレパウダールーム)
竣工年月 (改修)2016年9月

特長

大学の概要

「中央大学」は、1885(明治18)年に英吉利法律学校として創設された私立大学。豊かな自然に囲まれた、広大な敷地にある多摩キャンパスには、現在、 法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部の5学部が設置されている。

改修の経緯

「ヒルトップ'78」は、4階建て一棟丸ごと日本最大の学食棟であり、生協や食堂、喫茶室が入る。トイレの老朽化が進み、和式便器が多く使いづらいことから、 すべての便器を洋式化。学生たちのくつろぎの場にふさわしく、時代に即したトイレを実現した。また、研究棟である2号館は、保健センター検尿室をリノベーションし、新たにパウダールームを増設し、女性に配慮した。

水まわりの特長

学食棟「ヒルトップ'78」は、明るく清潔感のある内装。災害時にも洗浄が可能なフラッシュタンク式大便器と、エコリモコンを搭載したウォシュレットを設置。女性トイレ内には、フィッティングボードつきのひろびろブースを設置。パウダーコーナーは、顔映りのよい照明器具を採用するなど、女子学生に配慮している。また、主に教員や大学院生用の研究室として使用される2号館(研究棟)2Fの女性専用パウダールームは、シッティングとスタンディングタイプ両方を用意。落ち着いた空間の設えで、ゆったり利用できるくつろぎのスペースとなっている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE