道後プリンスホテル

お気に入りに追加

日本三古湯のひとつで、全国各地より観光客が来訪する、道後温泉のなかでも、1975年創業、全123室と西日本最大級の規模を誇る旅館。これまでの団体客中心から、昨今の個人旅行客や訪日外国人客の増加という客層の変化に対応して、トイレや洗面などの水まわりの交換を実施した。

建築概要

所在地 愛媛県松山市道後姫塚100
施主 道後プリンスホテル株式会社
施工 株式会社ダイキアクシス
竣工年月 (改修)2015年7月

特長

改修の経緯

日本三古湯のひとつで、全国各地より観光客が来訪する、道後温泉。国の重要文化財「道後温泉本館」を中心に、いくつもの温泉旅館が観光客を出迎えるなかでも、 1975年創業の「道後プリンスホテル」は、 全123室と西日本最大級の規模を誇る。これまでの団体客中心から、昨今の個人旅行客や訪日外国人客の増加という客層の変化に対応して、2015年から思い切ったリニューアルを実施。そのひとつが客室のトイレ交換であり、このたび、すでに交換済みの部屋を除き、93室のトイレを交換。

水まわりの特長

「女性宿泊客の増加により、ホテルトイレのイメージはますます重要になっている」との思いから、宿泊客がより心地よく快適に過ごせるように、トイレや洗面などの水まわりの交換を実施。また、過去に大渇水の際、断水の状況下で営業した経験からも節水性をはじめ環境配慮を重視し、節水・節電効果の高い便器、ウォシュレット一体型のネオレストやパブリックコンパクト便器フラッシュタンク式を採用。パブリックコンパクト便器フラッシュタンク式のウォシュレットは、ボタンを押すたびに発電し、乾電池の交換や電源不要で自家発電するエコリモコンを採用している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE