東急電鉄では、だれでも快適に利用していただける駅を目指して、環境整備を推進。その一環としてウォシュレットの設置をはじめとするトイレ改修工事を行っている。二子玉川駅のトイレは、改修後15年が経過し、二子玉川ライズ第2期工事完了にあわせて改修工事を実施。特にさまざまな利用者に配慮した多機能トイレが充実している。

建築概要

所在地 東京都世田谷区玉川2-22-3
施主 東京急行電鉄株式会社
設計 株式会社大建設計
施工 清水建設株式会社
竣工年月 (改修)2015年7月

特長

改修の経緯

東急電鉄では、だれでも快適に利用していただける駅を目指して、環境整備を推進。その一環としてウォシュレットの設置をはじめとするトイレ改修工事を行っている。「ニコタマ」という愛称を持ち、東急グループが「日本一働きたい街」と掲げる二子玉川駅のトイレも、改修後15年が経過。老朽化や多機能トイレが男女トイレ内に設置されているため、介助者が異性の場合、利用しにくいなどの問題を抱えていたこともあり、二子玉川ライズ第2期工事完了にあわせてトイレ改修工事を実施した。

トイレの特長

すべての大便器を洋式化しウォシュレットを設置。大便器や小便器は、床の清掃性に優れた壁掛式を採用している。特にさまざまな利用者に配慮した多機能トイレを充実。共用スペースに「多機能トイレ」と「簡易多機能トイレ」を設置し、介助者が異性の場合でも気兼ねなく利用できるようにするとともに、男女トイレ内に小さなお子様連れなどに配慮した、ひろびろブースを設置するなど、多機能トイレの機能の分散化を図った。女性トイレには、洗面コーナーの混雑緩和を図るためパウダーコーナーを新設。 そのほか、東急電鉄沿線のトイレでは初めて、トイレ内に空調設備を完備するなど、施設・空間ともに快適に利用していただけるトイレ空間を実現している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE