双葉

お気に入りに追加

1951(昭和26)年に開業した湯沢温泉郷の旅館。昨今では、団体客から個人へと変化した時代の流れを読み取り、リピート客やインバウンド需要を視野に改修を計画。今回は、3・4Fの全12客室を和洋室タイプに改修し、地元魚沼の織物をテーマとした特別な客室を設えた。

建築概要

所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢419
施主 株式会社双葉
設計 株式会社佐々山建築設計
施工 株式会社守谷商会
竣工年月 (改修)2016年7月

特長

改修の経緯

800年に渡る歴史を誇る湯沢温泉郷において、「双葉」は1951(昭和26)年開業、「水が織りなす越後の宿」として親しまれている。1999(平成11)年より改修を実施し、大浴場・貸切露天風呂・露天風呂付客室など、さまざまなニーズに応えている。昨今では、団体客から個人へと変化した時代の流れを読み取り、リピート客やインバウンド需要を視野においた改修を計画している。今回は、3・4Fの全12客室を和洋室タイプに改修し、地元魚沼の織物をテーマとした新しい特別な客室を設えた。またうち2室は、ファミリー層から高齢者まで幅広い年代の利用や車いす利用者を想定して、バリアフリー対応客室を用意している。

水まわりの特長

客室コンセプトに沿った水まわり内装はもちろんのこと、トイレは「広さ・使いやすさ・居心地の良さ」を重要視した。非日常空間を楽しみながらも、安心して利用できる器具選定を心がけ、わかりやすいウォシュレットリモコンを採用するなど、きめ細やかな心配りが随所に散りばめられている。客室の浴室については、使いやすさ・施工性・維持管理面の視点と日本の風情を楽しめる内装を両立させるため、一部ハーフユニットを採用。清掃性・節水性にも配慮し、メンテナンス性、経済性向上にも繋げている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE