奈良時代の養老2年(718年)に遷座された古い由緒と歴史を誇る神社。本殿は国の重要文化財指定、本殿を取り囲む境内社13棟の建物は、国の登録文化財である。向日神社周辺における休憩場所やトイレの整備により、市民や参拝者が憩いやすらぐことができる環境を整えた。

建築概要

所在地 京都府向日市向日町北山63番地
施主 向日市
設計 有限会社 一級建築士事務所 コア建築事務所
施工 株式会社 安井杢工務店
竣工年月 2016年10月

特長

建て替えの経緯

「向日神社」は、京都府の向日丘陵の南端に奈良時代の養老2年(718年)に遷座された、古い由緒と歴史を誇る神社。本殿は国の重要文化財指定、本殿を取り囲む境内社13棟の建物は、国の登録文化財である。向日市を代表する歴史的建造物のひとつである向日神社周辺において、休憩施設やトイレの整備により、利便性・回遊性の向上を図ることを目的に、トイレの建て替えを実施。市民や参拝者が憩い、やすらぐことができる環境を整えた。

トイレの特長

トイレの造りは、向日神社の景観に調和するように、桧を基調とした木造建築に漆喰塗壁、御影石床、和形瓦葺屋根で整備。男女トイレ、多機能トイレ、休憩室が備えられている。衛生性に配慮して、大便器を和式から洋式便器に、清掃方法も湿式清掃から乾式清掃(水流し対応あり)へと変更。小便器の床には、防汚・防臭に優れたハイドロセラ・フロアを採用している。便座は、寒い季節でも安心して使用できるウォームレットを採用。小さなお子様連れへの配慮としてベビーチェアや幼児用小便器を、高齢者への配慮として手すりを設置。また、多機能トイレにはウォシュレット、オストメイト対応トイレパック、ベビーシート等さまざまな使用者に対応できる設備を完備している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE