三菱グループに属する日本の自動車メーカー。なかでも「岡崎製作所」は、1977年の操業以来、主要乗用車を生産する国内主力工場のひとつ。近年では、海外生産拠点のマザー工場としての重要な役割を担っている。施設内水まわり設備の老朽化に伴い、トイレ改修の先鞭として、大会議室があり来客の多い岡崎本館5Fトイレを、来客用としてふさわしいトイレへと改修を実施。

建築概要

所在地 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
施主 三菱自動車工業株式会社
設計 MMCテクニカルサービス株式会社
施工 株式会社美建・株式会社松井
中部電工株式会社
竣工年月 (改修)2016年3月

特長

改修の経緯

三菱自動車株式会社は、三菱グループに属する日本の自動車メーカーである。なかでも「岡崎製作所」は1977年の操業以来、主要乗用車を生産してきた国内主力工場の1つ。近年では海外生産拠点のマザー工場として、重要な役割も担っている。これまでは工場設備の充実を優先してきたことから、その他の設備は、竣工以来、大規模改修がなされず老朽化が進んでいた。このたび、トイレ改修の先鞭として、大会議室があり来客の多い、岡崎本館の5Fトイレを来客用としてふさわしいトイレへと改修を実施した。

トイレの特長

「来客用としてふさわしいトイレに」というコンセプトから、最新の機器を採用するとともに、内装は落ち着いたモノトーンで、洗練されたトイレ空間を創出している。環境に配慮した節水型の器具を採用しているほか、すべての大便器ブースを洋式化、各ブース内に手すりを設置するなど、使い勝手と快適性を大幅に向上させた。また、改修前には設置されていなかった多機能トイレを新設し、さまざまな身体状況のお客様にご利用いただけるよう配慮している。改修後は、社内からも好評を得、同本館に勤務する社員の中には、別のフロアから使用しに来る人もいる。来年度以降、順次社員用トイレも改修していく予定である。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE