海老名市の新しい顔として、良好な環境の市街地を形成する「海老名駅西口土地区画整理事業」の一環として計画。周辺を含めたまちなみづくりの中で、中心広場、プロムナードとともに公園施設と位置づけ、シンボル性を持った「新しいまちのみんなが使えるトイレ」として完成。節水性の高いパブリックコンパクト便器フラッシュタンク式にウォシュレットPSを設置。防災対策として、トイレ内の3ヶ所にマンホールトイレが設置できるように備えている。

建築概要

所在地 神奈川県海老名市扇町
施主 海老名市
設計 株式会社小林建築事務所
施工 鹿島建設株式会社
竣工年月 2015年11月

特長

施設の概要

海老名駅西口公衆トイレは、海老名駅東西一体のまちづくりと、海老名市の新しい顔として良好な環境の市街地を形成する海老名駅西口土地区画整理事業の一環として計画された。単なるトイレ単独の提供ではなく、周辺を含めたまちなみづくりの中で、中心広場、プロムナードなどとともに公園施設と位置づけ、シンボル性を持った「新しいまちのみんなが使えるトイレ」として完成した。トイレの利用時間は早朝5:00〜夜11:00(最終バスの時間)とし、時間外は入口のシャッターが閉まる。

トイレの特長

女性にも、敬遠されることのない快適なトイレを目指し、これまでの公衆トイレのイメージを一新。ガラスを多く取り入れた外観は明るく、清潔感と安心感がある。特に女性トイレは、身だしなみ配慮として、棚やフックを備えたパウダーコーナーを設置。中心広場で開催されるイベント時にも対応できるよう器具数を確保。また、お子様連れ配慮として、男女トイレともに、ベビーカーごと入れる広い大便器ブースを設置し、ベビーシートを備えている。大便器は、コンパクトで節水性の高いパブリックコンパクト便器フラッシュタンク式を採用し、すべてにウォシュレットを設置している。防災対策として、トイレ内の3ヶ所にマンホールトイレが設置できるよう備えている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE