愛知県に本部を置く医療系総合大学。教育研修センター2号館新設と学内環境の整備を目的としてトイレの改修を実施した。新設の2号館は女子学生の比率が高いため、女性トイレを広めに確保しパウダーコーナーなどの女性配慮を充実。医療科学部8号館は、最新式のトイレ環境を整えるという想いのもと、すべての大便器ブースで和式から洋式便器への改修を実現。女性配慮としてパウダーコーナーも新設している。

建築概要

所在地 愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1番地98
施主 学校法人藤田学園
設計・施工 生涯教育研修センター2号館:株式会社竹中工務店
医療科学部8号館:(改修) 株式会社杉本組
竣工年月 生涯教育研修センター2号館:2016年3月
医療科学部8号館:(改修) 2015年9月

特長

建物概要

愛知県豊明市に本部を置く藤田保健衛生大学は、臨床医を育成する「医学部」、医学領域のスペシャリストを育成する「医療科学部」、および大学院、大学病院を併設する医療系総合大学。2016年、女子学生寮の敷地跡に、「医療科学部」の臨床検査学科、看護学科、放射線学科が使用する生涯 教育研修センター2号館を新設。また学内環境の整備を目的として、既存建物は毎年予算を確保しながらトイレ改修を順次実施。医療科学部8号館は、その改修計画の一環となる。

トイレの特長

新設の生涯教育研修センター2号館のトイレは、未来を見据えた新しいキャンパスにふさわしく、機能的で快適に使用できるトイレ空間を目指した。特に学部の特性上、女子学生の比率が高いため女性配慮を充実させた。 また、トイレの改修を実施した医療科学部8号館では、既設トイレに、和式便器が設置されていたが、昨今のトイレ事情を鑑み、最新のトイレ環境を整えるという想いのもと、すべての大便器ブースで洋式化を実現。床は長尺シート仕上げとし、乾式清掃とすることで、清掃性・衛生性を向上させている。また女性配慮として、パウダーコーナーも新設。フロアごとの改修とし、夏季休講時などを利用し、授業に支障の無いように整備を進めている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE