おひさまこどもえん

お気に入りに追加

0-5際児までを受け入れる幼保連携型認定こども園。0-2歳児用トイレはオープンスペーストイレを、教室に隣接配置し、保育者が排泄介助しつつトイレトレーニングできる。また、トイレ内にベビーベッドを設置し効率よく乳児のおむつ交換を行えるように配慮。3-5歳児用トイレは、園児が自立してトイレに行けるようにトイレブースを設置している。

建築概要

所在地 愛知県名古屋市中川区富田町 大字榎津西ナコラ295番
施主 学校法人 福寿学園
設計 株式会社 フォーラム
施工 株式会社 長瀬組
竣工年月 2016年3月

特長

施設の概要

2016年4月に開園。「おひさまこどもえん」は、『あかるく・ただしく・たくましく』を教育理念として掲げる、幼保連携型認定こども園。0-5歳児までを受け入れる年齢別クラスは各10人定員。専門講師を招く、芸術や英語、運動、音楽など特別教育が特色。さまざまな体験を通して、明るく楽しい教育の提供を目指し、就学前の子どもに幼児教育と保育を一体的に提供するほか、地域の子育て家庭に対する支援を行う。 施設は、各教室に自然光を取り入れる明るい空間構成。子供の成長に合わせて使いやすい工夫と、遊びや学びに集中できる設計となっている。

トイレの特長

0-2歳児用トイレは、オープンスペースのトイレを、教室に隣接するよう配置した。保育者が排泄介助しつつトイレトレーニングを行えるように、象の手すり兼幼児用紙巻器を設置。園児が楽しくトレーニングできる。また、トイレ内にベビーベッドを設置し、効率よく、乳児のおむつ交換を行えるように配慮している。3-5歳児用トイレは、園児が自立してトイレに行けるように、トイレブースを設置。 1と2Fには、保護者や保育者が利用する「みんなのトイレ」を各1ヶ所設置しており、扉には、園児がいたずらをしないように鍵を取り付け、指はさみ防止用スペースを設けるなどの配慮を施している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE