東村山市立中央公民館

お気に入りに追加

「市民に、トイレ利用で公民館に立ち寄りいただき、催し物の告知や利用促進を図る」という意図から、気持ちよく使ってもらえるトイレ改修を目指した。大便器には、節水性とデザイン性に優れたパブリックコンパクト便器フラッシュバルブ式と、ウォシュレットを採用。小便器や水栓金具においても節水器具を採用し、公共施設にふさわしい大幅な節水化を実現した。

建築概要

所在地 東京都東村山市本町2-33-2
施主 東村山市
竣工年月 (改修)2016年2月

特長

改修の経緯

東村山市立中央公民館は、定員484名を収容できる市内最大規模の劇場ホールを有する、文化施設拠点のひとつ。イベントからサークル活動までさまざまな年代の市民が、ホールや集会室、調理室、音楽室など目的に応じたスペースを利用することができる。築後30年の老朽化を鑑み、耐震診断を実施した結果、補強の必要性を確認。東京都における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する「東京都条例第36号」に基づき、国からの補助金を活用した耐震改修工事を実施することとなった。このたびは、その耐震改修工事に伴い、トイレのほかエレベーターや空調設備の改修が行われた。

水まわりの特長

「市民に、トイレ利用で公民館に立ち寄りいただき、催し物の告知や利用の促進を図る」という意図から、利用者に、気持ちよく使ってもらえるトイレ改修を目指した。衛生性に配慮して、大便器を和式から洋式便器に、清掃方法も湿式清掃から乾式清掃へと変更。大便器は、節水性とデザイン性に優れたパブリックコンパクト便器フラッシュタンク式とウォシュレットを採用。小便器や水栓金具においても節水器具を採用し、公共施設にふさわしい大幅な節水化を実現した。お子様連れでのイベント開催に利用できる保育室トイレも一新し、親子一緒に利用できる親子ブースを設置している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE