「和歌山の思い出を締めくくる場所だから、トイレでも気持ちよく過ごしてほしい」という駅長の思いもあり、清潔で衛生的なトイレ空間を実現。小さなお子様連れに配慮して、女性トイレ、男性用トイレともにベビーチェアを設置。

建築概要

所在地 和歌山県西牟婁郡上富田町岩崎555-5
施主 上富田町
竣工年月 2015年8月

特長

施設の概要

道の駅くちくまのは、熊野古道(中辺路街道・大辺道街道)の入口として、古くから口熊野と呼ばれ親しまれてきた上富田町にオープン。熊野詣に訪れる人や白浜の海水浴を満喫した家族連れの憩いの場になっている。

トイレの特長

「和歌山の思い出を締めくくる場所だから、トイレでも気持ちよく過ごしてほしい」という駅長の思いもあり、清潔で衛生的なトイレ空間を実現。小さなお子様連れに配慮して、女性トイレ、男性用トイレともにベビーチェアを設置。また、車いす使用者やオストメイトに配慮した多機能トイレを設置している。光をやさしく透過する素材の洗面カウンターは女性客に好評を得ている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE