トイレのコンセプトは「自然を感じるトイレ」。各フロアごとに水・水源・丘・森・空・太陽をモチーフにしたグラフィックやフロアカラーを設定。女性トイレには、待ち合わせ用のベンチやフィッティングルーム、スタンディング&シッティングタイプのパウダーコーナーを設置するなど、用足しだけでなく身だしなみやコミュニケーションの場としても活用されている。

建築概要

所在地 神奈川県藤沢市亀井野1866
施主 学校法人日本大学
設計 株式会社 類設計室
施工 東亜・TSUCHIYA共同企業体(建築)
日本リーテック株式会社(電気)
日比谷総合設備株式会社(設備)
竣工年月 2014年7月

特長

施設の概要

日本大学生物資源科学部では、「環境科学(地球環境の保全)」「生命科学(人間活動)」「生産・科学(持続的な世界)」という3つの柱を中心に高度な教育・研究が行われている。東京ドーム12個分の広さがある藤沢キャンパスには、校舎やグラウンドのほか農場や演習林、各種実習場も備えている。学部開設60周年記念事業の一環として、「60周年記念棟(1・2号館)」が計画され、2014年7月には1号館が完成し、2号館は2016年2月に完成する。キャンパスの新しい顔として学生たちの活気であふれている。

トイレの特長

生物資源科学部ならではの特徴を表現するため、トイレのコンセプトは「自然を感じるトイレ」。各フロアごとに水・水源・丘・森・空・太陽をモチーフにしたグラフィックやフロアカラーを設定している。出入口には学生の研究成果を並べる展示コーナーやベンチを設置。男女トイレ内には植物を植えたプランターを設置するなど「自然を感じるトイレ」を表現している。女性トイレには、待ち合わせ用のベンチやフィッティングルーム、スタンディング&シッティングタイプのパウダーコーナーを設置するなど、用足しだけでなく身だしなみやコミュニケーションの場としても活用されている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE