大便器は、すべて5.5L洗浄の節水便器を採用し、便座は2度流しを防止する音姫(擬音装置)機能を搭載したウォシュレットを設置。女性トイレは、大便器ブースの扉を天井まで立ち上げ、防犯対策を図るとともに個室感を高めている。また、小さなお子様連れに配慮して、ベビーチェアなどを備えた広めのブースを1ヶ所用意している。

建築概要

所在地 大阪府羽曳野市学園前3-2-1
施主 学校法人四天王寺学園
設計 株式会社服部建築事務所
施工 村本建設株式会社
工事期間 2013年4月~2015年7月
竣工年月 2015年7月

特長

施設の概要

四天王寺大学の起源は、約1400年前、聖徳太子によって仏の教えを学ぶ場、人間教育の場として創建された日本最古の学問所でもある、四天王寺敬田院。このたび四天王寺大学創立50周年・短期大学部60周年記念事業の一環として、教育活動の充実を図るため延床面積7,526.54平米の総合体育館を竣工。公式試合の会場として使用できるメインアリーナをはじめ、サブアリーナ・屋内プール・トレーニングルーム・ダンススタジオ・ランニングトラックなど、最新の施設設備を完備している。

トイレの特長

大便器は、すべて5.5L洗浄の節水便器を採用し、便座は2度流しを防止する音姫(擬音装置)機能を搭載したウォシュレットを設置。女性トイレは、大便器ブースの扉を天井まで立ち上げ、防犯対策を図るとともに個室感を高めている。また、小さなお子様連れに配慮して、ベビーチェアなどを備えた広めのブースを1ヶ所用意している。そのほか、災害時に避難所として利用されることを想定し、すべてのフロアに車いす使用者やオストメイトの方などに配慮した多機能トイレを設置。さらに屋外には、プールの水を使って洗い流すことができる「ぼうさいトイレ」も設置している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE