小さなお子様連れなどさまざまなお客様に配慮して、すべてのフロアに多機能トイレを設置。そのほか、男女トイレにベビーチェアなどを備えたひろびろブースを設置している。トイレの前には、ソファやベンチを備えた待ち合わせスペースを用意するなど、おもてなしの心があふれたトイレを実現。

建築概要

所在地 大分県大分市要町1-14
施主 株式会社JR大分シティ
設計 <建築>株式会社日本設計
<トイレ>有限会社設計事務所ゴンドラ
施工 株式会社大林組
竣工年月 2015年4月

特長

施設の概要

『JRおおいたシティ』は、2015年4月にオープンした地上21階、地下1階建てのJR大分新駅ビル。1〜4Fに複合商業施設「アミュプラザおおいた」、8〜18Fに宿泊施設「JR九州ホテルブラッサム大分」、19〜21Fに眺望を満喫できる露天風呂を備えた高層温浴施設「シティスパてんくう」が入る。 約230店舗のテナントを擁する「アミュプラザおおいた」は、20代〜30代前半の女性をメインターゲットに、最新トレンドの服飾や雑貨など大分初出店のテナントが多数軒を連ねる。そのほか、大分市中心部初のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ」や本格庭園がある「シティ屋上ひろば」などもあり、子どもから大人まで楽しめるスポットとして、県内外からの来客で賑わっている。

トイレの特長

商業施設トイレの進化はめざましい。豪華でラグジュアリーなトイレが多く出現している中、シンプルで飽きのこないデザインの実現を目指しながら、各フロアの特性やコンセプトにあわせた個性的なトイレ空間が完成した。 小さなお子様連れなど、さまざまなお客様に配慮して、すべてのフロアに多機能トイレを設置、そのほか、男女トイレにベビーチェアなどを備えたひろびろブースを設置している。トイレの前には、ソファやベンチを備えた待ち合わせスペースを用意するなど、おもてなしの心があふれたトイレを実現した。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE