トイレ内の壁には、汚れが付きにくく、においの発生を抑えるハイドロセラ・ウォールを採用。男女トイレとも1ヶ所の大便器ブースに、小さなお子様連れに配慮して、ベビーチェアとフィッティングボードを設置している。

建築概要

所在地 神奈川県秦野市曲松1丁目1-1
施主 秦野市
設計 秦野市
施工 有限会社小林建設
竣工年月 (改修)2014年3月

特長

施設の概要

神奈川県秦野市にある小田急電鉄渋沢駅は、1日に約28,000人の乗降客が利用。「神奈川の屋根」と呼ばれる丹沢山地への代表的な玄関口として有名な駅である。周辺には、丹沢大山国定公園をはじめ、ハイキングコースが多数あり、土・日は登山客で賑わっている。北口公衆トイレは、改修後10年以上経過し、老朽化が進んだこともあり再度改修を実施。渋沢駅の敷地内に設置されているが、公衆トイレという役割もあることから、秦野市の管轄となっている。

トイレの特長

「丹沢をイメージさせる建物に」とトイレ棟は、山小屋をイメージしたデザインとなっている。内・外装材には秦野市の名産品である木材を使用して、観光客に向けたアピールも行っている。トイレ内の壁には、汚れが付きにくく、においの発生を抑えるハイドロセラ・ウォールを採用。男女トイレとも、1ヶ所の大便器ブースに、小さなお子様連れに配慮して、ベビーチェアとフィッティングボードも設置している。フィッティングボードは、登山靴への履き替えにも配慮されるなど、市民の方だけでなく、丹沢の登山客の皆様にも気持ちよく利用してもらえる、快適なトイレ空間を実現している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE