天狗山ビジタートイレ

お気に入りに追加

防犯対策上、行き止りを作らない2方向から出入りすることができる空間のレイアウトを採用。さらに、防犯カメラも完備、夜間にはライトアップされるなど、いつでも安心して使用できるような配慮が施されている。

建築概要

所在地 群馬県吾妻郡草津町大字草津白根国有林内
施主 群馬県草津町
設計 株式会社梵まちつくり研究所
施工 株式会社柴山建設
竣工年月 2015年2月

特長

施設の概要

天狗山ビジタートイレは、草津町の街なみ環境整備事業の一環として、2015年2月に完成。国道292号線沿いの、上信越国立公園の入口、草津国際スキー場と西の河原公園の間に位置する駐車場の中にある。トイレ棟は、まわりの自然環境に溶け込むように、山の地形と一体化させた半円形の建物の上に、風の流れを取り込んだ流線型のルーフを持つランドマーク的なトイレ棟になっている。年間を通してスポーツイベントや観光客などの利用が多いため、24時間365日利用することができる。

トイレの特長

トイレ棟は、景観まちづくりのルール(外装の色は彩度3以下、自然素材を使用する、照明の色は暖色系などの景観形成基準)に沿って、内・外装材には天然木や漆喰壁を使用し、暖色系のLED照明を採用するなど、温かみのあるトイレ空間を実現。防犯対策上、行き止まりを作らない2方向から出入りすることができる空間のレイアウトを採用。さらに、防犯カメラも完備、夜間にはライトアップされるなど、いつでも安心して使用できるような配慮が施されている。そのほか、立地上、冬場でも快適に使用できるように、トイレ内の随所にパネルヒーターを設置している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE