女性トイレの混雑緩和と利便性の向上を図るため、大便器ブース数を倍増し、パウダーコーナーを設置。大便器には、おもてなしの心からすべてウォシュレットを設置している。

建築概要

所在地 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
施主 鎌倉 長谷寺
設計 株式会社 A&T建築研究所
施工 株式会社 ロイヤルパシフィック
竣工年月 2015年4月

特長

新築の経緯

鎌倉の西方極楽浄土と謳われ、1年を通じ「花の寺」として親しまれる長谷寺。公衆トイレとしても開放している門前トイレは、近年の観光客増加により、行楽シーズンにはトイレ利用者の行列ができるほど混雑が深刻化、また利用頻度が高まるほどに清掃作業が追い付かず、汚れやにおいがするなどの問題が発生していた。そのため、既存の門前トイレを廃止し、駐車場の一角に門前トイレ舎を新設。最新器具を採用するなど設備の拡充を図り、 「清潔・快適・お寺ならではの気を感じさせるトイレ」が完成した。

トイレの特長

女性トイレの混雑緩和と利便性の向上を図るため、大便器ブース数を倍増し、パウダーコーナーを設置。大便器には、おもてなしの心からすべてウォシュレットを設置。また、小さなお子様連れの方に配慮して、男女トイレともに、ベビーチェアを備えたひろびろブースを1ヶ所設置している。維持管理は、長谷寺の職員が行い、ランニング費用は公衆トイレとしても活用しているため市が負担している。寺の雰囲気と調和した外観。内部は天井が高く風通しもよいため、においがこもらず、天窓からは自然光が降り注ぐ。明るく心地よい、まさに人の心に安らぎを与えるお寺にふさわしいトイレ空間となった。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE