鳥取砂丘会館

お気に入りに追加

女性トイレは、洗面コーナーを中心とした回遊型のレイアウトを採用。身だしなみ配慮として、棚やフックを備えたパウダーコーナーを設置している。鳥の水呑場をイメージした洗面コーナーには、独特の透明感が特長のクリスタルボウルを採用。おもてなしの心を感じさせる、こだわりのあるトイレ空間が実現した。

建築概要

所在地 鳥取県鳥取市福部町湯山2164
施主 鳥取砂丘会館
設計 白兎設計事務所
施工 <建築>大和建設株式会社
<設備>株式会社久松
竣工年月 (改修)2015年4月

特長

改修の経緯

鳥取砂丘会館は、国立公園鳥取大砂丘の正面に位置し、砂丘観光に一番近く便利な大型のドライブインである。鳥取の名産品を数多く取り揃えた売店と、広大な砂丘と日本海の青い海を眺めながら、郷土色豊かな食事を楽しめるレストランを備えている。今回、鳥取砂丘の観光を盛り上げ、砂丘観光の立ち寄りに利用される同施設の利便性の一層の向上を図るため、2Fの団体客用レストランに隣接するトイレの全面的な改修を行った。

トイレの特長

トイレは、砂丘のオアシスをイメージした「癒しの森」をテーマに、森をイメージしたアイテムを随所に施している。大便器は、すべて洋式便器に変更し、コンパクトで節水性の高いパブリックコンパクト便器フラッシュタンク式を採用。特に女性トイレは、洗面コーナーを中心とした回遊型のレイアウトを採用。身だしなみ配慮として、棚やフックを備えたパウダーコーナーを設置している。鳥の水飲み場をイメージした洗面コーナーには、 独特の透明感が特長のクリスタルボウルを採用。おもてなしの心を感じさせる、こだわりのあるトイレ空間が実現した。さらに、女性トイレには、小さなお子さま連れ配慮として、ベビーチェアを備えた大便器ブースを1ヶ所設置している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE