清掃性に配慮して、大便器と小便器は床の清掃性に優れた壁掛式を採用し、清掃方法は乾式清掃としている。さらに、トイレを快適に使用してもらうために、すべての便器にウォシュレットを設置している。

建築概要

所在地 群馬県富岡市富岡1599-3
施主 上信電鉄株式会社
設計 武井誠+鍋島千恵 / TNA
施工 <建築>佐藤産業株式会社
<設備>熊井戸工業株式会社
竣工年月 2014年3月

特長

改修の経緯

上州富岡駅は、駅舎の老朽化対策および世界遺産「富岡製糸場」の玄関口駅として、ふさわしい駅舎を目指して建て替えを行うことになった。建て替えに当たっては、県・市・鉄道会社を中心とした委員会を設立、老朽化した駅舎と付帯施設を一新する建て替え整備事業を実施。整備事業の一環として、汚損・破損が進んでいた駅前トイレも改修工事を実施した。

トイレの特長

トイレは外観・内部とも富岡製糸場のイメージを踏襲し、レンガと木で構成された温かみのある空間。男女トイレともすべての大便器を洋式化。清掃性に配慮して、大便器と小便器は床の清掃性に優れた壁掛式を採用し、清掃方法は乾式清掃としている。さらに、トイレを快適に使用してもらうためにすべての大便器にウォシュレットを設置している。車いす使用者や小さなお子様連れへの配慮として、多機能トイレを設置している。 世界遺産登録後、トイレ利用者が増えたため、駅員がトイレ清掃を1日5回実施。またトイレの見通しがよくなり、きれいになったことで、 「トイレットペーパーの盗難などがなくなった」といった評価もあり、いたずらなどの抑止効果も働いている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE