1Fは化粧品・婦人雑貨売り場ということもあり、パウダーコーナーを充実させたトイレに改修。また、銀座という土地柄、外国人旅行客が多いため、大便器やウォシュレットの使い方ラベルは6ヶ国語で表記している。そのほかさまざまな利用者を想定して、男女トイレのすべての大便器ブースに、ベビーチェア・補助便座・手すりを完備している。

建築概要

所在地 東京都中央区銀座3-6-1
施主 株式会社松屋
設計 株式会社シービーケー
施工 株式会社シービーケー
竣工年月 2015年4月

特長

改修の経緯

松屋銀座は、女性からの支持も高い、銀座を代表する百貨店。商業施設においては、路面階にトイレを設置することが少なくなってきている中、松屋銀座では、お客様サービスの視点から、1Fにも女性トイレと男性トイレ(従業員用トイレを開放)を設置している。今回1Fのバックヤードを、お客様用の男女トイレに改修した。

トイレの特長

1Fは化粧品・婦人雑貨売り場ということもあり、パウダーコーナーを充実させたトイレに改修。パウダーコーナーの壁材には、お化粧直しのしやすさに配慮して、光の拡散効果で顔に影がでにくい、ハイドロセラ・ウォールの光拡散プレミアムホワイトシリーズを採用。防汚・防臭機能に優れているため、口紅などが付いても簡単に水拭きで落とすことができる。また、銀座という土地柄、外国人旅行客が多いため、大便器やウォシュレットの使い方ラベルは、6ヶ国語(日本語・英語・韓国語・中国語〈簡体・繁体〉 ・タイ語)で表記している。そのほか、小さなお子様連れや車いす使用者など、さまざまな利用者を想定して、男女トイレのすべての大便器ブースにベビーチェア・補助便座・手すりを備え、さらに多機能トイレも設置している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE