壁紙や照明器具は各フロアごとに異なったタイプを採用し、トイレの空間の演出に変化を与えている。また、日頃から身だしなみをきちんと整えて実習に望めるように、女性トイレにはすべてパウダーコーナーを設置している。

建築概要

所在地 大阪府大東市学園町6番45号
施主 学校法人四條畷学園
設計 株式会社熊谷組 関西支店
施工 株式会社熊谷組 関西支店
工事期間 2014年3月〜2015年3月
竣工年月 2015年3月

特長

施設の概要

四條畷(なわて)学園は1926年(大正15年)、四條畷高等女学校として創立され、その後、幼稚園・中学校・新制高等学校・小学校・短期大学・大学を開設し、総合学園として発展してきた。2015年4月に既存の幼稚園舎を建て替え、大学校舎と幼稚園舎の複合施設を建設。1・2Fに幼稚園、3〜5Fに看護学部が入る。看護学部では、「看護を一人ひとりの人生に深くかかわる営み」と捉え、看護専門職としての高い倫理観を持った看護師の育成を行っている。臨床の現場を想定した各種実習室をはじめ、学生同士の交流の場となる開放的なラウンジ、グループワークができる学習スペースなど、最新の施設、充実の設備のもと、実践的な看護教育が行われる。

トイレの特長

研究室と事務室のフロアである3Fのトイレは、主に先生方が使用し、講義室と実習室のフロアである4・5Fのトイレは、主に学生が使用する。壁紙や照明器具は各フロアごとに異なったタイプを採用し、トイレの空間の演出に変化を与えている。また、日ごろから身だしなみをきちんと整えて実習に望めるように、女性トイレにはすべてパウダーコーナーを設置。なお、5Fの女性トイレは、パウダールームからロッカー室に直接出入りできるようにしている。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE