病院スタッフの検証に基づいて、車いすでアプローチしやすい洗面カウンター形状やカウンター高さを決定。そのほか、洗面カウンター横に介助スペースの確保、フットレストで壁に傷が付かないように、洗面器の下にフットレストガードを設置するなど、随所に工夫が施されている。

建築概要

所在地 三重県多気郡大台町佐原63-8
施主 三重県厚生農業協同組合連合会
設計 株式会社大建設計
施工 株式会社鴻池組 名古屋支店
竣工年月 2015年3月

特長

施設の概要

大台厚生病院は、老朽化した既存病院の建て替えに併せて、紀勢地域にある報徳病院を統合再編し、地域の中核病院として開院。救急医療体制の整備や、リハビリテーションを含めた診療体制の充実、診療所との連携強化など、地域医療を地域全体で支える医療提供体制を構築している。

水まわりの特長

安心・安全で効率的に使うことができる水まわり空間を実現するために、商品選定やプランニングを検討するに当たっては、病院スタッフが実機を使って、車いすでの使い勝手、介助のしやすさなど現場に即した検証を実施。その結果に基づいて、車いすでアプローチしやすい洗面カウンター形状やカウンター高さを決定。そのほか、洗面カウンター横に介助スペースの確保、フットレストで壁に傷が付かないように、洗面器の下にフットレストガードを設置するなど、随所に工夫が施されている。また、感染症対策として、ナースステーションや診察室にスタッフ用手洗器を設置、3方を壁から離した洗面カウンターの設置、床の清掃性に優れた壁掛式大便器の採用など、使い勝手や感染症対策といった病院の水まわりに求められる、きめ細やかな配慮を実現している。

採用商品

掲載事例の画像や本文の無断転用はご遠慮ください。事例の内容は掲載時点での情報です。

事例(トイレ・洗面・浴室)一覧

パブリック向け商品

トイレ
 
洗面所
浴室
バリアフリー配慮商品・手すり・アクセサリー
Share

CLOSE